2017年1月20日(金)  卵子対策

高プロラクチン血症を改善し卵子力をあげる方法


「高プロラクチン血症」は、乳腺を刺激して乳汁を分泌させるように働くホルモンが異常に亢進し、排卵や卵胞の成熟を抑えてしまうものだ。

育児が大変な時期に、次の子を妊娠しないようにするという自然に備わった機能ではあるが、授乳期でもないのにこれを発症してしまうと不妊になりかねない。

主な原因

原因は、薬の長期服用によるホルモンバランスの乱れ・過剰なストレスによる自律神経の乱れ・下垂体に腫瘍ができたことによるホルモンバランスの乱れなど。

特に多いのがストレスによるもので、これは現代人がいかに毎日を厳しい環境で過ごしているかを物語っている。一日の終わりにゆっくりと入浴したり、休日に思いっきり好きなことをしたりして、ストレスを発散させよう。

発症した場合

高プロラクチン血症になると、卵子を育てるための信号がうまく出されず質が悪くなってしまう。放置すればするほど、状況は悪化するので早い段階での対応が必要になるわけだが、治療は薬物療法を中心に行われる。

ちなみに、高プロラクチン血症は、血液検査をすれば簡単に見つかるので、月経の異常や乳汁の分泌・頭痛や視野狭窄(下垂体の腫瘍の場合)などの自覚症状があれば、早めに診察を受けるようにしよう。

主な薬剤

使われる薬剤には次のようなものがある。

パーロデル

プロラクチンの分泌を抑える。排卵障害や無月経・乳汁の分泌などの改善 が期待できる。副作用として吐き気が起きる可能性がある。

テルロン

効果はパーロデルと同じだが、吐き気が起こりにくい工夫がされている。

カバサール

効果は上の2つと同様。下垂体の腫瘍を抑える作用もあり、週1回の投与で効果を発揮する。副作用は吐き気や便秘が多い。

妊娠力をよりアップさせたい

高プロラクチン血症にならないように注意することはもちろんだが、将来的に2人目や3人目が欲しいと考えている人は、より妊娠力を向上させるように心がける必要がある。

それにはまず、ホルモン環境を整えつつ卵子の老化に気をつけることだ。 近年では、不妊治療も進歩し、様々な方法がある。また、漢方薬やサプリメントも出ている。

そのため、何が自分に合っていて、何を基準に選ぶべきなのか、全く分からないという状況にも陥ってしまうこともある。
その場合、3つのポイントがあるので、それを把握しておくと選びやすい。

1:女性ホルモン・男性ホルモンの分泌を促進する働きを持つものを選ぶ

ホルモンの活性に働きかける「ジオスゲニン」、効率的なホルモンの分泌を促す「アグリゴン型イソフラボン」

2:卵子・精子のエネルギー源であるミトコンドリア量を増やす

生殖細胞にエネルギーを与える「イースタティックミネラル

3:血行不良を改善する

血流改善と自律神経を安定させる「アグリゴン型イソフラボン」

上記3つのポイントを押さえて、サプリメントなどを選び、ホルモン環境・卵子と精子の老化を改善させ、より妊娠力を底上げすることが、妊娠・出産において大切なことだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • ミトコンドリアの活性は不妊症を助ける?ミトコンドリアの活性は不妊症を助ける? ミトコンドリアとは? ミトコンドリア(mitochondrion)は真核生物(動植物や菌類など)の細胞に存在する小器官である。このミトコンドリアは独自のゲノムDNAを持っており […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP