2017年1月17日(火)  卵子対策

排卵誘発剤のリスクとその対策法まとめ


排卵がうまくいかず、なかなか妊娠できない人にとって、排卵誘発剤はとても心強い味方だ。治療が目的の場合は健康保険も適用されるので、費用の面でも負担が少ない。

しかし、その一方で使う種類や患者さんの体の状態によって、深刻な副作用が起きる心配もある。そこで今回は、排卵誘発剤の使用に伴うリスクと、その対策法について調べてみた。

排卵誘発剤で起こりうる副作用

OHSS卵巣過剰刺激症候群

卵巣が膨れて腹水や胸水を引き起こすもので、重症化すると腎不全や血栓症などの合併症が起きることもある。

子宮頸管粘液の減少

精子をうまく子宮まで通過させることができない。

子宮内膜が薄くなる

受精卵の着床率が低下する。

一度に複数の卵子が排卵される

多胎妊娠となり、赤ちゃん一人ひとりがうまく成長できない。

このように、排卵をサポートする力を発揮する一方で、妊娠を妨げる結果となる副作用も起こりうるのが排卵誘発剤の難しいところだ。

対策

対策としては、患者さんの体の状態をみながら薬の投与期間の間隔を空ける、いったん中止してまた次の周期まで待つなどの方法があるが、できるだけギリギリまで卵巣を刺激することがこの治療を成功させる近道なので、ある程度のリスクは覚悟しておかねばならない。

ただ、それも結局は程度問題で、たとえばOHSSで布団から起き上がれないほど体調が悪化しているのに「妊娠のため」と我慢し続けるのは厳禁だ。

普通に生活を営めないほどの副作用が起きているのであれば、今の治療法が自分には合っていないのだとあきらめて、別の方法を選択する勇気も持ってほしい。

より質の良い卵子を育てるために

人工授精や体外受精を成功させるためには、病院での治療を受けると同時に、毎日の生活に気を配って妊娠しやすい環境づくりを心がける必要がある。

たとえば卵子の質であるが、これは個人差が非常に大きく、一概に年齢が若いから良い、年齢が高いから悪いとは言い切れない一面がある。

体を冷やしたり、栄養バランスを考えない簡単な食事ばかり取ったりするなど、体によくない生活を続けていれば、当然体の一部である卵巣の機能は落ちる。

反対に、自分の体を労わって毎日丁寧に暮していれば、たとえ高齢出産と呼ばれる時期を過ぎても、卵子の質を保てる可能性はじゅうぶんにあるのだ。

卵子ミトコンドリアの活性を強化する成分として近年注目を集めているのがイースタティックミネラルだ。卵子の老化対策として日本でも広く普及し始めている。

これまでは海外輸入サプリメントDHEAを卵子の老化対策として選ばれていたが、海外製品という懸念が広がり、国産の「イースタティックミネラル」を配合したサプリメントが受け入れられているようだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • ミトコンドリアの活性は不妊症を助ける?ミトコンドリアの活性は不妊症を助ける? ミトコンドリアとは? ミトコンドリア(mitochondrion)は真核生物(動植物や菌類など)の細胞に存在する小器官である。このミトコンドリアは独自のゲノムDNAを持っており […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP