2017年1月23日(月)  卵子対策

採卵した卵子を凍結保存する費用は?


「卵子凍結」とは、女性の体内から取り出した卵子を、将来に備えて凍結保存しておくことである。

未婚女性でも利用でき、年齢が若く卵子の質が良いうちに保存しておこうと考える人は多いが、費用の点が問題である。

採卵をするための準備

採卵をするための準備として、排卵誘発・血液検査・超音波検査などに30,000円前後、そして採卵にかかる費用が約60,000円~(採卵する卵の個数によって変動)、卵子を凍結する作業に30,000円ほどかかる。

そして、凍結した卵子を保存しておくのに毎年1個あたり1万円程度の費用が発生するのだ。もっとも、これはかなり良心的なクリニックの場合であり、高いところでは初期費用だけで700,000~1,000,000円ということも珍しくない。

場合によっては無駄になるケースもある

これだけの費用をかけて凍結する卵子であるが、場合によっては全くの無駄になってしまうケースもある。

というのも、凍結した卵子の質は一定に保たれても、それを移植する女性の体が当時よりも年をとっていれば、必ずしも妊娠が成功するとは限らないからだ。パートナーが見つからず、独身を通す女性もいる。

また、技術の低いクリニックの場合、保存に失敗し、卵子を死なせてしまうこともある。

早い段階で凍結卵子を使う

現在では将来の妊娠の可能性に備えて卵子凍結をする女性が増えたが、もともとは悪性腫瘍のある患者さんがこれから始まる化学療法によって卵子に悪影響が出ないようにするために行われるものだった。

凍結によって不安材料が減るのは良いことだが「卵子を保存してあるから安心」と高齢になるまで妊娠を考えないのでは本末転倒である。

生殖機能は35歳を過ぎる頃から徐々に衰え始めるため、凍結卵子を検討の場合は早い段階で利用することがいいだろう。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • ミトコンドリアの活性は不妊症を助ける?ミトコンドリアの活性は不妊症を助ける? ミトコンドリアとは? ミトコンドリア(mitochondrion)は真核生物(動植物や菌類など)の細胞に存在する小器官である。このミトコンドリアは独自のゲノムDNAを持っており […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP