2017年7月24日(月)  卵子対策

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

▶︎症例の結果を詳しく見る

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

卵胞の成長は、卵子の質にかかっている?

卵胞は卵子の入っている袋なので、成長が遅いと「卵子の質が影響しているのでは?」と気になる人が多い。

卵子の質の低下も原因のひとつとして考えられるが、あわせて卵胞刺激ホルモン(FSH)の不足が原因とも考えられる。

これは脳下垂体が卵巣に対し、「卵胞を育てて成熟させなさい」と命令を出すもので、不足すると卵胞がうまく育たないのだ。

そのため、このような場合にはホルモン補充療法が行われる。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

卵胞を成長させるには?

不規則な生活やストレス、喫煙なども卵巣にダメージを与え、卵胞の発育を妨げる。
特にストレスは大量の活性酸素を発生させ、それだけで月経を止めてしまうほどの悪影響をもたらすため、うまく発散方法を見つける努力をすることが必要だ。

そして、不規則な生活はホルモンバランスの乱れにつながる。夜更かし、添加物だらけの食事、運動不足が習慣になっている人は少しずつ生活を改めよう。

また、喫煙は、百害あって一利なし。タバコに含まれるニコチンその他の有害物質は、卵巣機能の低下を招き、閉経を早める原因にもなる。

たとえ自分が吸わなくてもパートナーである男性が近くで吸っていれば同じことなので、赤ちゃんを産むことを考え始めたら禁煙を考えてもらおう。

また、精子の質にも影響するので、男性不妊を防ぐためにも吸わないほうが無難である。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 30代40代の具体的なミトコンドリア活性方法30代40代の具体的なミトコンドリア活性方法 不妊改善に注目のミトコンドリアとは? 近年注目されているミトコンドリアは、私たちの細胞核と共存関係にある細胞小器官である。 ミトコンドリアは、私たちの細胞を動かすためのエ […]
  • 正確な妊娠力の診断は病院で検査正確な妊娠力の診断は病院で検査 「自分の体は妊娠しやすい体質なのか?」子供が欲しい方にとって最も気になる問題である。婦人科へ行くことを躊躇ってしまう方もいると思うが、赤ちゃんを迎えるために自分自身の「妊娠力」を […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

PAGE TOP