2017年1月17日(火)  卵子対策

2人目3人目が出来にくい理由


1人目の時はスムーズに妊娠できたのに、2人目、3人目になるとなかなか妊娠しないというのは割とよくある話だ。原因は一つではないが、年齢を重ねて生殖機能が低下することも大きな理由のひとつである。

卵子の老化が原因?

妊娠を成立させるためには卵子と精子が出会って受精する必要があるが、一般的に35歳を過ぎると卵子が老化し、排卵しても受精しなかったり、受精してもそこで発育が止まって着床できなかったりする可能性が高まる。

そのため、20~30代前半の頃は問題なく妊娠できた人でも、卵子の質が低下しているために子供が授かりにくくなるのだ。

卵子の質を上げるには

2人目や3人目を望む場合は、できるだけ卵子の質を落とさない工夫をしよう。まず、ミトコンドリアの数を増やしてあげる必要がある。

ミトコンドリアはもともと人間の体内に存在している物質で、ATPと呼ばれるエネルギーを作り出して細胞の働きを活発にしてくれる。不足すると傷ついた卵母細胞(卵子の元になるもの)を修復することもできないので、質の良い卵子が作れなくなるのだ。

ミトコンドリアを増やすには、早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動といった規則正しい生活を送るのが効果的である。
筋肉の中に多く存在するので、特に筋力トレーニングをコツコツと続けると良いだろう。

また、筋肉量を増やすことは冷え性の改善にもつながるので、卵巣の機能を維持するのにも役立って一石二鳥だ。

合せてミトコンドリアを強化する成分「イースタティックミネラル」を摂取するとさらに効果が期待できる。

ミトコンドリアの数が増えて細胞の活動が活発になれば、老化で弱っていた卵子も元気になる。妊娠できる可能性もぐんと高まるので、是非ミトコンドリアを意識した生活を送ってみてほしい。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • ミトコンドリアの活性は不妊症を助ける?ミトコンドリアの活性は不妊症を助ける? ミトコンドリアとは? ミトコンドリア(mitochondrion)は真核生物(動植物や菌類など)の細胞に存在する小器官である。このミトコンドリアは独自のゲノムDNAを持っており […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP