2017年10月22日(日)  流産 不育症

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

▶︎症例の結果を詳しく見る

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

基礎体温が高くても稽留流産になるの?

胎児の発育が停止してしまっているが、出血や腹痛など流産の兆候がないまま2週間以上経過してしまった状態を稽留流産(けいりゅうりゅうざん)という。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

流産の分類

流産を大きく分類すると、切迫流産、稽留流産、進行流産、不全流産、完全流産、化学流産の6種類に分類することができる。

そのなかでも稽留流産(けいりゅうりゅうざん)は妊娠6〜7週に起こりやすく、はっきりした自覚症状がないのが特徴だ。

稽留流産は自覚症状がないゆえに妊婦にとっては、どうしてもその状態を受け入れがたい気持ちになってしまうことがある。

しかし、稽留流産は母体側の原因でおこることはほとんどなく、その多くが卵子や精子に通常おこりうる染色体異常が原因だという。

染色体異常

一般に卵子の約25%、精子の約15%にもともと染色体異常は存在するという。
そのため流産はある程度避けられない部分もあるが、体調管理などある程度自分自身で妊娠に向けた体づくりに備えることも大切だ。

そこで念願通り妊娠を実現するために特に気にかけたいのが「卵子と精子の質」だ。さらには「卵子と精子」を本来通りはたらかせるための各種ホルモン分泌の安定だ。

卵子と精子の質

近年の晩婚化の影響や、生活環境におけるストレス、食の乱れなど、様々な影響で卵子や精子の質の低下が問題となっている。

卵子と精子は当然に全く違う構造を持っているが、そのどちらも動かしているエンジンはミトコンドリアだ。

これら環境的な悪影響によりミトコンドリアの活動が弱まり、その結果卵子や精子の質の低下を招いているのだという。
また同時にこれらの影響でホルモン分泌の不安定も招いているという。

しかし多くの場合、多忙な現代社会の中でストレスを完全になくすことはとても難しい。
また、食が多様化するなか、エネルギーは充分に満ち足りているが、ミネラルやビタミンなど必要な栄養素が理想通り摂取できていないことも多い。

日々の食事バランスを見直すとともに、サプリメントをうまく活用するという方法もある。
まずは生活を見直していく事が大切だ。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊症と不育症の違い不妊症と不育症の違い 「不妊症」と「不育症」は似ているようでちょっと違う。「不育症」は妊娠はするもののお腹の中で子供が育たないもので「不妊症」は妊娠そのものが成立しない状態を指している。 中には […]
  • 不育症の原因リスクを下げる卵子力とは不育症の原因リスクを下げる卵子力とは 「不育症」とは、妊娠はするもののお腹の中で赤ちゃんが育たず、2回以上流産や死産を繰り返すことである。 原因はいろいろと考えられるが、着床率の低さ・卵子の質が低下していること […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

PAGE TOP