2017年7月27日(木)  流産 不育症

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

▶︎症例の結果を詳しく見る

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

流産経験は不妊になりやすい?流産と不妊の関係

流産は不妊症になる原因なのか

流産や中絶を経験すると不妊症の原因だということは、ほとんどない。確かに流産も中絶も母体には影響を与えるが、必ず不妊症になるわけではない。

問題なのは、流産や中絶後に安静にしていない、医師の指示を聞かず検診に行かないなどで、不妊症になる危険性はある。

また、流産や中絶で行う処置が正しく行われなかったケースも、不妊症の原因になることある。

少しでも間違った処置があると、子宮内膜にダメージを与えてしまい、子宮内壁に異常現れ、妊娠できない状態になる。

これらが原因で不妊症になってしまうことがあるのだ。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

流産や中絶後に見られる不妊のパターン

卵巣そのものは正常に働いているにも関わらず、排卵障害が多くなってしまうことだ。これは子宮内膜が成長していないために起こる。

特に、流産よりも中絶の方が、不妊になる確率がとても高い。

原因は、胎児を取り除く際に、子宮内などに残留物が残ってしまうためだ。また、その処置中に内壁に傷をつけてしまい、不妊症を引き起こすケースもある。

そのため流産も中絶も、正しい処置ができる施設・キャリア・実績がある医師に、手術を行ってもらうことが最も重要だ。

流産を繰り返すと不妊症になるのか

初めての妊娠が流産だからといって、次の妊娠も流産してしまう確率が高くなるわけではない。ただ、3回目の流産に関しては、習慣性流産として原因を調べる必要はある。

不妊症でなく、「不育症」の可能性が高い。

不育症は不妊と違い、妊娠はするが流産・死産などを繰り返して、結果的に子どもを持てないことを「不育症」と呼ぶ。

珍しい病気ではなく、誰でもなる可能性はあるが、検査・治療によって半数以上の方が無事に出産している。

流産を繰り返さないためには

流産は、体質などを改善することによって、確率を下げることは可能だ。
それにはまず、日々摂取する栄養、食事内容に目を向けることも大切になる。

日々の食生活・生活習慣を整え、ストレスを溜めないようにし、自分自身でも妊娠しやすい身体作りを心がけていくことがとても重要だ。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊症と不育症の違い不妊症と不育症の違い 「不妊症」と「不育症」は似ているようでちょっと違う。「不育症」は妊娠はするもののお腹の中で子供が育たないもので「不妊症」は妊娠そのものが成立しない状態を指している。 中には […]
  • 不育症の原因リスクを下げる卵子力とは不育症の原因リスクを下げる卵子力とは 「不育症」とは、妊娠はするもののお腹の中で赤ちゃんが育たず、2回以上流産や死産を繰り返すことである。 原因はいろいろと考えられるが、着床率の低さ・卵子の質が低下していること […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

PAGE TOP