2017年1月23日(月)  流産 不育症

流産を繰り返す不育症原因と対策


「不育症」とは、妊娠はするもののお腹の中で胎児が育たず、2回以上流産や死産を繰り返して子供が持てないことである。

一度は自分の中に芽生えた命が消えてしまうことで精神的ショックが大きく、次の妊娠を考えられるようになるまでに1年以上の月日を要することも珍しくない。

最も多い原因

原因はいろいろと考えられるが、最も多いのは次のものである。

・ 子宮異常(子宮奇形、子宮筋腫など)
・ 内分泌異常(甲状腺機能異常、糖尿病など)
・ 免疫異常(抗リン脂質抗体症候群、自己免疫疾患など)
・ 夫婦染色体異常(均衝型転座など)

検査の結果、これらの症状が原因であるとされた場合には、それぞれに合った治療を始めることになる。

例えば、抗リン脂質抗体症候群は血液が固まって血栓ができ、胎児に必要な酸素や栄養が届かなくなってしまうというものであるが、この場合は頭痛によく使われるアスピリンを少量服用することによって血を固まりにくくする。

また、夫婦どちらかの染色体異常が原因で流産や死産を繰り返す場合は、残念ながら根本的な治療法はない。しかし、最終的には60~80%の夫婦が妊娠・出産に成功しているので、遺伝相談を受けながら妊娠への可能性を探っていけば良いだろう。

他の原因についても、このように必要な治療や説明を受けながら少しずつ解決法を考えていく。精神的に辛いことも多いが、夫婦で協力して乗り切っていこう。

不育症は、染色体異常などの先天的な要因ではない限り、年齢を重ねて卵子が衰えれば誰にでも起こりうる可能性のあるものだ。

不育症を避けるために

卵子の衰え対策として近年注目を集めているのがイースタティックミネラルだ。卵子ミトコンドリアの活性を強化する成分として日本でも広く普及し始めている。

これまでは海外輸入サプリメントDHEAを卵子の老化対策として選ばれていたが、海外製品という懸念が広がり、日本製の「イースタティックミネラル」を配合したサプリメントが受け入れられているのだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 流産の原因のほとんどは染色体異常の理由流産の原因のほとんどは染色体異常の理由 流産とは 妊娠22週までの時期に何かしらの原因で胎児が育たなかったり、死んでしまうことを「流産」と言う。 妊娠12週未満(3カ月以内)の早い時期に起こることが多い。この時期の […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP