2017年10月23日(月)  流産 不育症

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

▶︎症例の結果を詳しく見る

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

不育症を改善して妊娠・出産する方法

不育症とは、妊娠は可能だが死産や早産、流産を繰り返し生児に恵まれない状態をいう。

習慣流産とはほぼ同義語として使われるが、習慣流産は3回自然流産を繰り返すと定義されていることに対し不育症は回数は定義されておらず、もっと広い意味で用いられる。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

不育症はめずらしい病気ではない

妊娠した女性の約20人に1人は不育症であり、めずらしい病気ではない。

結論からいうと不育症であっても出産は可能である。

不育症の約65%は偶発的なもので、治療しなくても次の妊娠で出産している。残りの35%は何らかの原因で不育症となっているため治療を受ける必要がある。

【不育症 原因】
子宮筋腫や子宮異形 / 黄体機能不全 / 高プロラクチン血症 / 性病(クラミジア・梅毒など)   など。

これらの原因や不育症の74%は35歳以上という統計からみても、卵子の老化が不育症に大きく関係している。言い換えれば、不育症は卵子の老化を防ぐことで予防につながるとも言える。

不育症の検査

不育症検査を受けるタイミングについては、一般的には2回流産が続いた場合、検査を受けるように勧められている。

しかし不育症の検査を受けても、必ずしも原因が分かるとは言い切れない。厚生労働研究班による不育症リスク因子別の頻度では、原因不明が64.2%とされている。

検査自体の費用は多くの場合、保険と自費検査こみで約6~7万円だと言われているが、病院によって検査内容・費用が異なるため、事前に確認が必要である。

主な検査

【 子宮形態検査 】
子宮卵管造影法、経膣超音波、ソノヒステログラフィーなどで、子宮の形態異常を検査する。
【 血液検査 】
内分泌機能検査、凝固系検査、抗リン脂質抗体検査、夫婦染色体検査、などがある。

不育症の治療法

● 抗リン脂質抗体

不育症全体の20%前後に見られる。アスピリンやヘパリンといった薬物による治療法になる。

● 染色体異常

染色体異常に対しての根本的な治療法はないが、染色体異常の種類によりメリット、デメリットを検討して今後の治療方針が決まる。

● 子宮形態異常

不育症全体の約15%に見られる。異形の程度によっては手術する場合がある。

● 内分泌異常

甲状腺機能異常、糖尿病などが見られる場合、食事療法や薬物療法などによる治療法になる。

● 血液凝固因子(血栓性素因)異常

アスピリンやヘパリンなどの薬物療法を行う。

上記のような自分に合った治療を続け、その奏効率を高めるとともに少しでも妊娠しやすい体質に変えるために、日頃の生活習慣を見直すことも大切だ。
「妊娠しやすい体質=質の良い卵子」でもあるため、質の良い卵子を作るために規則正しい生活は欠かせない。

実際に取り組むほうほうとして、夜更かしや添加物だらけの食事を避ける。この他に、運動不足、喫煙、アルコール、ストレスが当たり前になっている人は、少しずつ禁煙を行い、適度な運動も続けるようにしよう。

さらに卵子の質を効率良く改善したい場合は、生活習慣・食生活の改善とともに、「ミトコンドリア」についても意識することでより質の良い卵子を作れるはずだ。

この「ミトコンドリア」は、卵子の機能を十分に発揮させるためのエネルギー製造装置のような細胞器官である。
だからこそ、ミトコンドリアを活性化させることで、卵子の機能が正常に働き、妊娠しやすいカラダへと導いてくれる。

卵子のエネルギー製造装置の役割を担っている「ミトコンドリア」は、上記のように規則正しい生活と適度な運動を好む。また、弱ったミトコンドリアにアプローチしてくれる「イースタティックミネラル」を摂取することもお勧めする。
より効率良く質の良い卵子が作れるはずだ。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊症と不育症の違い不妊症と不育症の違い 「不妊症」と「不育症」は似ているようでちょっと違う。「不育症」は妊娠はするもののお腹の中で子供が育たないもので「不妊症」は妊娠そのものが成立しない状態を指している。 中には […]
  • AGEは不妊治療の失敗要因でもある?AGEは不妊治療の失敗要因でもある? AGEとは AGEは、終末糖化産物(Advanced Glycation End […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

PAGE TOP