2017年3月28日(火)  男性不妊

フーナーテストを行うタイミングは?


「フーナーテスト」とは、性交後の子宮頸管粘液の中に残っている精子の状態を調べる検査で、健康保険が適用される。検査は、400倍視野の顕微鏡で精子を観察し、その数や運動量を量る。

フーナーテストの良いところは、検査結果がすぐに分かることと、採精をする必要がないので男性側の心理的抵抗が少ないことである。

「採精」とは文字通り精子を採ることだが、時には病院で自慰をせねばならないこともあり「恥ずかしい」と抵抗を示す男性は多い。

このテストであれば、医師から指示されたタイミングで夫婦生活を持つだけなので、男性は特に病院に足を運ぶ必要もなく、仕事が忙しくても心配ない。

▶︎“精子の活性と質の改善”で注目されている成分とは?

ベストなタイミング

フーナーテストを行うのにベストなタイミングは、子宮頸管粘液の分泌液が増えて精子を通しやすくする「排卵日」である。

この日を狙って医師から性交の指示が出され、遅くとも12時間以内には病院に行って検査を受ける。精子の濃度が薄まらないように、検査日の直前は数日間禁欲すると良いだろう。

検査結果は、その日のうちにすぐ分かる。もし、一回目の結果が良くないといって落ち込む必要はない。

精子の状態はその日の体調によっても変化し、排卵日の予測が当たっていなければ不利な条件で検査を受けてしまうこともあるからだ。

結果が良くない要因

死んだ精子が多かったり、精子数が極端に少ないと自然妊娠の確率が低いと判断され、人工授精へとステップアップすることを勧められることがある。

性交後の膣内に精子が少なかったり、死んでしまったりしている原因はいくつかある。

男性の原因

精子数自体が少ない(乏精子症)または無精子症。

女性の原因

■ 抗精子抗体

精子は女性にとって異物であり、稀に体内に侵入する精子に女性の免疫反応が高まり、精子を殺してしまう。

■ 頸管粘液が少ない

濡れにくい体質や頸管粘液(膣液)の粘度が硬いと精子は活動的に液体の中を泳ぐことはできない。

■ 頸管粘液の粘度が硬い

粘度が硬い頸管粘液は粘度の柔らかい精液との間に「液体の壁」を作ってしまう。精子にとってはその壁のせいで子宮口への侵入を妨げられてしまうことがある。

■ 膣液の酸性度が強い

膣内の自浄作用を保つためにもともと酸性に保たれた膣液が、本来、排卵日はアルカリ性であるべきなのに、酸性度が強いと、膣内に射精された精子を殺してしまう。

もしなんらかの原因でフーナーテストの結果が良くなかった場合は、違う方法を試してみよう。

フーナーテストを行うタイミングとして排卵日がベストであれば、膣内の酸性度を排卵日周辺日だけ弱めれば良い。方法として、排卵日付近に精子が生存しやすい環境にする「妊娠向けの潤滑ゼリー」を使用することである。

人工授精となると保険も適用されず費用も高額になるので、まずは上記のような方法を試してみてはどうだろうか。

▼評価の高い関連記事

  • 男性不妊の治療方法男性不妊の治療方法 男性不妊の治療 「男性不妊治療」は、まだ世間に認知されていないようだが、医療技術が進んできている分野なのである。夫婦で協力する妊娠・出産だからこそ、不妊治療も夫婦で協力し合うこ […]
  • 男性不妊の原因男性不妊の原因 男性不妊の原因と種類 男性不妊の原因の約90%が「造精機能障害」だと言われている。造精機能とは、精子をつくり出す機能であり、この機能自体に問題が起こることで、精子を作れなくなる […]

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。

文字サイズ:

  • 妊娠しやすい膣内環境に変え、精子を受精着床へ導く為の潤滑ゼリー

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

PAGE TOP