2017年5月28日(日)  体外受精

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

スプレキュアの失敗例と成功例

スプレキュア

「スプレキュア」は、体外受精のときに使われる、脳下垂体ホルモンの分泌を抑える点鼻薬である。
これを使うことにより卵子の成長をうまくコントロールすることができるので、計画通りに治療をすすめることが可能となる。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

失敗例

スプレキュアは定められた時間に患者自らの手によって点鼻する必要があり、様々な事情から定時に点鼻できないことも起こり得る。実際にスプレーの仕方が不十分だったことから卵が育たず、空胞になってしまったケースもあるようだ。このあたりについては医師や看護師によく相談する必要がある。

スプレキュアは鼻の粘膜から吸収させるものなので、風邪や花粉症などの心配は無用だ。また、抗アレルギー薬との併用も特に問題はないといわれている。もしどうしても気になってしまう場合は、スプレーする前にティッシュで鼻の中をきれいにしておくほどの処置をおこなってもよいかもしれない。

成功すれば卵子が育つ

スプレキュアが成功して卵子が理想通りに育てば、採卵日に成熟卵と出会える可能性は高くなる。採卵のタイミングも難しく、スプレキュアをスプレーしてからあまり時間がたつと取り出す前に排卵してしまうので、ちょうど良い日にちや時間を見極められる熟練の医師を選んだほうが良いだろう。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 体外受精の対象者と費用体外受精の対象者と費用 体内で受精が難しいと考えられる場合、排卵前に体内から取り出した卵子と精子の受精を体外で行うことをいう。 最も一般的に行われるのは胚移植(IVF)で、その他に、GIFT(配偶 […]
  • 体外受精で欠かせない自己注射体外受精で欠かせない自己注射 体外受精では、排卵のコントロールやホルモン補充などを目的として、毎日注射することが必須となる。そのため、病院に行く時間がとれない場合は自己注射ということになる。 ▶︎ミトコ […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。

PAGE TOP