2017年10月22日(日)  体外受精

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

▶︎症例の結果を詳しく見る

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

体外受精を成功させるために

体外受精の妊娠率は、約20~40%と言われている。この確率は病院・クリニックによって異なり自然妊娠と同様、年齢などにも左右されるため注意が必要だ。

日本産婦人科学会が発表した体外受精を含める高度生殖医療では、5年分の妊娠率は、採卵あたりの妊娠率が約20%強、移植あたりの妊娠率が25~30%程度と発表されている。

しかし、女性の生殖能力である「妊孕力(にんようりょく)」は、20~30代前半をピークに低下していく。特に、40代では妊娠率が極端に低下しているのだ。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

妊孕力を高めるために

その低下理由として、女性の生殖能力である「妊孕力(にんようりょく)の低下」があげられる。
妊孕力は20~30代前半をピークに低下していく。その根本は、卵子・精子の老化だ。

では、成功させるためにはどうするべきか。

胚移植方法を選んで妊娠率を高める

胚移植には、受精後の培養日数によって方法が異なるが、特に「2段階移植」「SEET移植」は妊娠率が高いと言われている。

体外受精の成功率が高い病院選び

体外受精の妊娠率が高い病院は、ノウハウも持ち合わせているため、実績の少ない病院よりも可能性は高くなる。ただし、患者自身にとって信頼できる医師であることが一番であるため、自分には無理だと思った場合は、転院も検討すべきだろう。

日常生活と食生活の改善

生活習慣と食生活の見直しで、年齢を重ねることによる卵子や精子の老化を抑えることが可能だ。老化を抑えられれば、卵子・精子の質を保つことにもつながり、妊娠率を高めてくれる。

・妊娠力を上げるためのポイント

カラダを冷やさない/バランスの良い食事/十分な睡眠時間の確保/適度な運動 など

体外受精の成功率をより高めるために

体外受精は、人工授精と比較すると受精率は高くなる。そのため、妊娠率も高くなると言われており、不妊症の方々にとって非常に重要な治療法になっている。だが、年齢によって成功率は左右されてしまうのも事実だ。

不妊症の方々は、年齢に負けずより妊娠率を高めて無事に元気な子を出産したいという強い思いがあるだろう。
そのためにはまず生活習慣の改善はもちろん、卵子・精子にとって良いと言われる食品・運動などを取り入れるセルフケアも必要だ。

特に卵子・精子には、それぞれが活動するためのエネルギーを生産してくれるミトコンドリアが鍵になる。このミトコンドリアが弱っていると、卵子・精子も弱ってしまい質の低下を招くことになる。

「ミトコンドリアを元気にさせる」=「卵子・精子の質の向上」につながるため、規則正しい生活・適度な運動・バランスの良い食事を心がけることも効果的だ。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 体外受精の凍結胚移植について体外受精の凍結胚移植について 凍結胚移植とは採卵・採精した卵子と精子を受精させ、その受精卵を一旦凍結して、次の周期かそれ以降の周期に融解させて子宮に戻すことを言う。 また、現制度において凍結胚移植の場合 […]
  • 体外受精の採卵に伴う痛みの程度体外受精の採卵に伴う痛みの程度 体外受精と採卵 一般的な不妊治療よりも高度な技術を使った不妊治療のことを「高度不妊治療(ART)」と言う。 その中の一つである体外受精では、妊娠率を上げるため排卵誘発剤で […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

PAGE TOP