2017年1月23日(月)  体外受精

胚移植で着床させるときに注意する事


胚盤胞移植の着床時期は個人差もあるが、胚盤胞移植をしてから着床までは、大体2〜3日ほどだ。妊娠判定日に関しては、胚盤胞移植後から2週間後のクリニックが多い。

移植後の生活について

胚移植後〜妊娠判定までの期間、普段通りの生活でも特別安静にしていても、妊娠・出産にはさほど影響しない。

日常的に身体を動かすことは男女ともに、妊娠・出産にはよい影響を与えると言われている。
ただし、ウォーキングや水泳などをマイペースで楽しみながら、穏やかに運動ができる環境の場合である。

激しすぎる運動は、悪影響を与えてしまうため「やり過ぎ」には注意が必要だ。

また、子宮内膜が胚を受け入れる状態にある時期に、性交がある場合と、なかった場合で比較したデータがある。

結果的に性交がある場合の方が流産リスクが統計的に高く、性交回数が多いほどリスクも上がる傾向があるようだ。

特に、受精後10日の間に行われた性交が、一番リスクが高くなる傾向が強いようだ。

しかし、胚移植後の過ごし方などと比べ、研究結果が蓄積されていないため、あくまで「ハッキリしていないので避けるのが無難」という判断になっている。

より着床率を上げるためには

男性は精子の運動量を活発にさせ、女性は胎児を育てられる体内環境を整えることが不可欠だ。そのためには、女性は卵子の老化、男性は精子の老化に気をつける必要がある。

近年では、不妊治療も進歩し、様々な方法があるため、自分に合っている方法を、しっかり調べた上で検討するべきである。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • イースタティックミネラルを使った、卵子/精子の老化に対するアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 体外受精とは?体外受精とは? 体内で受精が難しいと考えられる場合、排卵前に体内から取り出した卵子と精子の受精を体外で行うことをいう。 最も一般的に行われるのは胚移植(IVF)で、その他に、GIFT(配偶 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP