2017年7月25日(火)  体外受精

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

▶︎症例の結果を詳しく見る

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

タイの不妊治療、体外受精の現状

今、不妊治療の分野でタイが注目を集めている。高度な技術を擁する施設が多いこともその理由の一つであるが、なんといっても不妊治療に関する制約が少ないことが人気を後押ししている。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

産み分けについて

たとえば、産み分けに関する問題だ。

日本では倫理的な面から着床前診断による産み分けを禁止しているが、タイではそれができる。日本でも産み分けができないわけではないが、あくまでも「成功する可能性がやや高まる」という程度のもので、失敗例も多い。

そのため、確実な産み分けを希望する夫婦がタイに渡るケースが増えている。

代理母による出産

また、タイでは代理母による出産も盛んに行われている。
日本では産科婦人科学会によって規制されており、これを禁止する具体的な法律はないものの、なんとなくタブーという空気が漂っている。

しかし、タイに行けば自分の代わりに子供を産んでくれる女性がいるので、高額な謝礼金を支払って人工授精や体外受精を受けてもらうのだ。

代理母を引き受けた女性が依頼人の希望する性別じゃないにも関わらず中絶に同意しないなど、いろいろと問題はあるが、なんらかの理由で子供を産むことのできない女性にとってこのシステムは大きな希望だ。

基本的な不妊治療の流れは同じ

ちなみに、現在、タイでの体外受精はどのように行われているのだろうか?

基本的な治療の流れは、日本の場合とほぼ同じである。利用しているのは日本人・中国人・オーストラリア人など様々で、金払いの良い日本人に関しては専用の出入り口を設けるクリニックがあったり、日本人だけを対象とした病院が存在していたりする。

かかるお金は渡航費用も含めておよそ1,300,000円と、日本の料金が高めのクリニックで体外受精を受ける場合と同じぐらいなので、産み分けをしたい夫婦がタイでの出産を選ぶ気持ちも分かるような気がする。

卵子や精子の質を高める

日本の体外受精環境を変えることは難しいが、自身の卵子や精子の質を高めることはできる。

病院の治療成功率だけに目を向けるのではなく、体外受精の基礎となる卵子と精子の質を上げて、全体的な成功率を上げることが大切だ。

そのためには、生活習慣の改善とともに「より妊娠しやすいカラダにする」ために、足りない栄養素をサプリメントなどで摂り入れることだ。

特に一番の近道と言えるのは、卵子と精子の中に存在する「ミトコンドリアを甦らせる」方法だ。

卵子や精子の元気度には、細胞の活性化を促すミトコンドリアの数も深く関わっている。このミトコンドリアは。筋肉に多く存在しているため、筋力トレーニングをすると良いだろう。ついでに体温を上げることもできて一石二鳥だ。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 体外受精で欠かせない自己注射体外受精で欠かせない自己注射 体外受精では、排卵のコントロールやホルモン補充などを目的として、毎日注射することが必須となる。そのため、病院に行く時間がとれない場合は自己注射ということになる。 ▶︎ミトコ […]
  • 顕微授精の費用 日本平均顕微授精の費用 日本平均 「顕微授精」は体外受精の一種であり、顕微鏡を使って卵子と精子を受精させる治療法である。 卵細胞の中に直接精子を注入するので一般的な体外受精よりも成功率が高く、精子の状態に問題が […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

PAGE TOP