2017年1月17日(火)  体外受精

体外受精で性別は選べるのか?産み分け


着床前診断による産み分けが禁止されている日本では、これまでに次のような方法が試されてきた。

主な産み分け方法

パーコール法

女の子が生まれるX精子が男の子の生まれるY精子よりも重いことを利用する方法で、女児を希望する人に対して行われる。

取り出した精子をまずパーコール液(死滅精子や変形細胞等を取り除き、質の良い精子だけにするための薬品)に漬け、その後、遠心分離機にかける。そうするとX精子だけが下にたまるので、それを女性の子宮内に注入する。

排卵日による産み分け

排卵日が近付くと女性の膣内が酸性からアルカリ性に傾くことを利用し、その時期を狙って性交をすることでアルカリ性に強い男の子のY精子を有利にしようというもの。

逆に女の子がほしい場合は、排卵日の数日前に性交をする。

体位による産み分け

女性はオーガズムを感じると膣内にアルカリ性の粘液が分泌されやすくなるので、アルカリ性に強い男の子のY精子を有利にしたい場合は感じやすいよう深く挿入し、逆に女の子がほしい場合はなるべく浅く挿入する。

この時、膣内を酸性やアルカリ性に調整する働きを持つゼリーを併用すると、より産み分けの効果が上がるといわれている。

体外受精による産み分け方法

体外受精によって産み分けをする方法であるが、これは卵子と精子を受精させた後で染色体を調べ、男の子ができるYYか女の子ができるXYのどちらかを子宮に戻すというやり方で行われる。

しかし、どの方法も決して100%成功するとは言い切れず、実際には着床前診断によるもの以外に産み分けをする確実な方法はないのが現実だ。

いろいろと事情はあるかもしれないが、どちらを授かっても愛情を持って育てられるだけの覚悟を持って妊娠に臨もう。

卵子や精子の質を高める

産み分けを希望する夫婦も多くみられるが、まずは妊娠しやすいカラダづくりが一番必要になる。

そのためには、自身の卵子や精子の質を高めることだ。病院の治療成功率だけに目を向けるのではなく、体外受精の基礎となる卵子と精子の質を上げることが大切だ。そのためにはまず、規則正しい生活が欠かせない。

規則正しい生活・バランスのとれた食事

夜更かしや添加物だらけの食事、運動不足、喫煙、アルコール、ストレスが当たり前になっている人は、少しずつ生活を変えていこう。

寝る時間を一時間早めたり、自炊の回数を週に1、2回増やしたりするだけでも効果はある。

適度な運動

エネルギーを放出して卵子を活性化させてくれるミトコンドリアの数を増やすことも大切だ。ミトコンドリアも、やはり規則正しい生活によって作られる。

特に筋肉の中にミトコンドリアは多く存在するので、筋力トレーニングを日課にすると良いだろう。

卵子の質の向上

卵子を活性化させたあと、ミトコンドリアはエネルギーが不足する。このエネルギーを補給しなければミトコンドリアは弱まり壊れてしまう。

そうなると、卵子もまともに機能しなくなるため、このエネルギーを補給する「イースタティックミネラル」を含むサプリメントを摂るのもおすすめだ。

そうすることにより、ミトコンドリアが蘇り卵子も十分なエネルギーを受け取ることが可能になり、質が向上することになるのだ。そして、不妊治療に費やす時間も短縮することに繋がることになる。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 体外受精とは?体外受精とは? 体外受精 体内で受精が難しいと考えられる場合に行われる方法で、排卵前に体内から取り出した卵子と精子の受精を体外で行う。 最も一般的に行われるのは胚移植(IVF)で、その他 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP