2017年1月21日(土)  体外受精

日本で体外受精を受ける場合の平均費用


体外受精の平均費用

不妊治療の中でも、特にお金がかかることで有名な体外受精。

日本で治療を受ける場合の平均費用は、約300,000~600,000円だ。大学病院では比較的安く済むケースも多いが、不妊専門のクリニックになると一度の体外受精で1,000,000円以上請求されることも珍しくない。

しかも、体外受精はあまり成功率の良くない治療法なので、たった一度の挑戦で子供に恵まれる人は少ない。

そのため、タイミングをみて何度もチャレンジすることになるのだが、その度にこれだけの高額なお金を支払うのには限界があり、貯金が底を尽いたことを理由に不妊治療をあきらめる人も多いのが現実だ。

不妊治療費助成制度と医療費控除

しかし、全額実費の体外受精といえども、お金を用意する方法はいくつかある。

助成金制度

一つは、各自治体が行っている不妊治療に対する助成金制度だ。申請方法や対象となる期間は自治体によって異なるが、条件にさえ合っていれば1年度あたり1回75,000~150,000円までを2回(最初の年は3回)、合計で10回まで助成してくれる。

不妊治療ローン

また、銀行の「不妊治療ローン」を利用するという方法もある。

年齢が満66歳未満で安定した収入があることなどの条件はあるが、数十万~数百万円のお金を貸し出してくれるので体外受精にも十分に対応できる。

医療費控除

「課税対象所得-医療費」が可能だ。ただし、上限は200万円。役所にて専用用紙があり、毎年1月に配布される。

医療費控除では、不妊治療で支払った際の金額が記載された領収書が必ず必要となるため、治療に関わる領収書は全て保管しておくことをおすすめする。

あきらめずに情報を集めよう

不妊は夫婦2人だけの問題ではないので、双方の親に余力があれば資金援助をお願いするのも良いだろう。
無理な借金をして生活もままならなくなるというのでは困るが、こうした方法をうまく活用すれば治療を続けられる可能性は高まるので、あきらめずに情報を集めてみてほしい。

体外受精の成功率を上げるために

女性は卵子の老化、男性は精子の老化に気をつける必要がある。

近年では、不妊治療も進歩し、様々な方法がある。また、漢方薬やサプリメントも出ている。
そのため、何が自分に合っていて、何を基準に選ぶべきなのか、全く分からないという状況にも陥ってしまうこともある。

その場合、3つのポイントがあるので、それを把握しておくと選びやすい。

1:女性ホルモン・男性ホルモンの分泌を促進する働きを持つものを選ぶ

ホルモンの活性に働きかける「ジオスゲニン」、効率的なホルモンの分泌を促す「アグリゴン型イソフラボン」

2:卵子・精子のエネルギー源であるミトコンドリア量を増やす

生殖細胞にエネルギーを与える「イースタティックミネラル

3:血行不良を改善する

血流改善と自律神経を安定させる「アグリゴン型イソフラボン」

上記3つのポイントを押さえて、サプリメントなどを選び、ホルモン環境・卵子と精子の老化を改善させ、より妊娠力を底上げすることが、妊娠・出産において大切なことだ。

特に、「イースタティックミネラル」により、老化したミトコンドリアが甦り、質が悪くなった卵子や精子を回復させることができるという理由で、「イースタティックミネラル」が普及されつつある。

ミトコンドリアが元気になり、卵子と精子の質が上がることによって、不妊治療に費やす時間も短縮することに繋がるからのようだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 体外受精とは?体外受精とは? 体外受精 体内で受精が難しいと考えられる場合に行われる方法で、排卵前に体内から取り出した卵子と精子の受精を体外で行う。 最も一般的に行われるのは胚移植(IVF)で、その他 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP