2017年5月24日(水)  体外受精

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

体外受精は何歳までできるのか?

2008年、インドで暮らす70歳の女性が体外受精を受けて女の子を出産し、大きな話題となった。
このラジョ・デビ・ローハンさんという女性の夫には第二夫人(ラジョさんの実妹)もいたが2人とも妊娠することができず、やむなく30万円ほどのお金を借りてラジョさんが体外受精に臨んだ。

ラジョさんは出産後、一時重体に陥っていたが、現在では元気を取り戻し「娘のために長生きする」と話しているという。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

妊娠・出産は決して簡単なことではない

このような話を聞くと「なんだ、体外受精ってそんな高齢でもできるんだ」と思うかもしれないが、これは非常にレアケースなのだということを分かってほしい。

女性の体は40代を過ぎたあたりから徐々に閉経に向けて動き出し、それに伴って生殖機能も衰える。これだけ医学が発達した日本でも40代での体外受精の成功率はわずか1割程度であるといわれており、高齢での妊娠・出産は決して簡単なことではないのだ。

そもそも、体外受精に使うための卵子が採れるのかという問題がある。ラジョさんの場合は、年齢的に自分の卵子を使うことが無理だったため、第三者から卵子と精子の提供を受けて体外受精に臨んだ。

しかし、日本ではこうした第三者による卵子提供は未だタブーであるとされており、法律による縛りはないものの、倫理の問題でなかなか実現できずにいるのが現状だ。

自分の卵子が使えない以上治療をあきらめるしかないので、そういう意味でも体外受精を受ける人の年齢は45歳ぐらいで頭打ちとなっている。

また、40代で体外受精に成功したとして、子供をちゃんと育てることができるのかという問題もある。ちょうど40歳で出産した場合、子供が成人する頃には母親は60歳。

4年制の大学に通っていればまだまだ教育費もかかるだろうし、それに加えて自分たちの老後の費用も捻出しなければならない。きっと、想像以上に大変なことだろう。

卵子の老化

女性の年齢が上がると、妊娠するまでに時間がかかってしまうことが分かっている。

・年齢別自然妊娠率

25〜30代前半 : 25%~30%
30代後半 : 18%
40代前半 : 5%
40代後半 : 1%


これは、卵子の老化が原因と言われている。

卵子の老化により、

・質の良い卵子が育つ確率が低くなる。
・育ったとしても受精する確率が低くなる。
・受精したとしても着床する確率が低くなる。

本人がどれだけ健康でも年齢を重ねるごとに、卵子が妊娠しにくい状態になっていくのである。近年の研究により、卵子の老化には「ミトコンドリア」との関連性が高いことがわかってきた。

もともと卵子にはミトコンドリアが多く存在することが分かっている。
ミトコンドリアは卵子を若く健康に保つために重要な機関である。このミトコンドリアを元気に保つことが高齢出産を成功に導く重要な手掛かりとなっている。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 体外受精の対象者と費用体外受精の対象者と費用 体内で受精が難しいと考えられる場合、排卵前に体内から取り出した卵子と精子の受精を体外で行うことをいう。 最も一般的に行われるのは胚移植(IVF)で、その他に、GIFT(配偶 […]
  • 体外受精で欠かせない自己注射体外受精で欠かせない自己注射 体外受精では、排卵のコントロールやホルモン補充などを目的として、毎日注射することが必須となる。そのため、病院に行く時間がとれない場合は自己注射ということになる。 ▶︎ミトコ […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。

PAGE TOP