2017年10月23日(月)  体外受精

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

▶︎症例の結果を詳しく見る

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

体外受精した芸能人まとめ

自身のブログなどを通じて、不妊治療の体験を語る芸能人が増えている。
その一般人と同じように悩み、苦しむ姿を見て「私も頑張ろう」と勇気づけられる人は多く、関連書籍も好調な売れ行きを見せているようだ。

今回は、不妊治療を経験した芸能人の中で、特に体外受精を受けたことのある芸能人にスポットを当てて調べてみた。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

体外受精を受けたことのある芸能人

矢沢心

6年間の交際期間を経て、2007年に元K-1王者の魔娑斗氏と結婚した矢沢さんは、学生時代からの月経不順や多嚢胞性卵巣症候群などが原因でなかなか子宝に恵まれず、不妊治療を開始した。

タイミング法、人工授精と挑戦し、体外受精を受けている間には辛い流産を経験したが、とうとう懐妊。2012年に第一子となる女の子を出産した。その後、2014年に二人目の女の子を出産している。

林真理子

1990年にお見合いで知り合った一般人男性と結婚した林さんは、40歳の時に不妊治療をスタートさせた。4年間の治療期間には辛くて泣いてしまうこともあったが、数回に渡ってチャレンジした体外受精が成功し、見事女の子を出産。現在は名門・青山学院に通っているという。

ちなみに、体外受精を始めた当時は夫が不妊治療に消極的だったが、持ち前のパワーで説得に成功。「後悔したくない」という林さんの熱意に負け、自分も協力することになったとか。

ジャガー横田

2004年に医師である木下博勝氏と結婚したジャガーさんは、子宮筋腫や高齢が原因でなかなか子供ができず悩んでいた。体外受精をメインに治療を開始したが流産してしまい失意のどん底にいたが、なんとその後自然妊娠に成功。45歳の時、第一子である男の子を出産した。

年齢が50歳を超えた現在は「息子にきょうだいを作ってあげたい」と再び不妊治療に挑戦中。しかし、さすがにこの年での妊娠は難しく、自身のブログにうまくいかない現実を綴っている。

妊娠するために卵子の質を高める

卵子の質が悪くなる原因であるが、これにはミトコンドリアが深く関わっている。

ミトコンドリアはもともと人間の体内に存在する物質であるが、ATPと呼ばれるエネルギーを出して細胞の活性化をサポートしてくれる。そのため、数が減ると細胞の成長に必要なエネルギーを確保することができず、卵子が老化してしまうのだ。

ミトコンドリアは早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動など規則正しい生活によって作られるので、もし生活習慣が乱れているのなら改善する努力をしよう。筋肉の中に多く存在するので、筋力トレーニングをするのも効果的だ。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 体外受精の対象者と費用体外受精の対象者と費用 体内で受精が難しいと考えられる場合、排卵前に体内から取り出した卵子と精子の受精を体外で行うことをいう。 最も一般的に行われるのは胚移植(IVF)で、その他に、GIFT(配偶 […]
  • 体外受精で欠かせない自己注射体外受精で欠かせない自己注射 体外受精では、排卵のコントロールやホルモン補充などを目的として、毎日注射することが必須となる。そのため、病院に行く時間がとれない場合は自己注射ということになる。 ▶︎ミトコ […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

PAGE TOP