2017年1月22日(日)  体外受精

顕微授精の費用 日本平均


「顕微授精」は体外受精の一種であり、顕微鏡を使って卵子と精子を受精させる治療法である。
卵細胞の中に直接精子を注入するので一般的な体外受精よりも成功率が高く、精子の状態に問題がある場合でも授精が可能となる。

平均的な費用

日本で治療を受ける場合の平均的な費用は、一回あたり300,000~600,000円ほど。

健康保険の使えない自由診療なので病院によって大きな差があり、高いところでは一度の顕微授精で1,000,000円かかるところもある。一般的に、不妊専門のクリニックほど費用が高く、大学病院では安くなるようだ。

顕微授精の種類

ちなみに、顕微授精には次のような種類がある。

・ 透明帯貫通法 / 卵子の周囲にある透明帯に穴を空けて精子を注入する。
・ 囲卵腔内精子注入法 / 卵細胞質と透明帯の間にある囲卵腔という隙間に精子を注入する。
・ 卵細胞質内精子注入法 / 卵細胞質の中へごく細い針を刺し、精子を注入する。

負担を少しでも軽くする方法

少しでも経済的な負担を軽くするためには、いくつかの方法がある。

自治体によっては少子化対策の一環としてこうした治療に助成金を出してくれるところがあるので、役所に電話して話を聞いてみよう。

また、銀行では「不妊治療ローン」というサービスを取り扱っているところもあり、高額になりがちな不妊治療の費用を賄うための手助けをしてくれる。クレジットカードが使える病院なら分割払いにしてもいいだろう。

顕微授精の成功率をあげるために

いくら技術の高い顕微授精とはいっても、生殖機能も老化するため、成功率は年齢を重ねるごとに低くなる。

そのため成功率を上げるには生殖機能を若返らせて顕微授精に臨むとよい。
具体的には生殖細胞の中にあるミトコンドリアを活性化させるためにイースタティックミネラルが含まれているサプリメントを利用したり、筋力トレーニングを行うなどだ。

イースタティックミネラル」により、老化したミトコンドリアが甦り、質が悪くなった卵子や精子を回復させることができ、それにより、不妊治療に費やす時間も短縮することに繋がるのだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 胚移植で着床させるときに注意する事胚移植で着床させるときに注意する事 胚盤胞移植の着床時期は個人差もあるが、胚盤胞移植をしてから着床までは、大体2〜3日ほどだ。妊娠判定日に関しては、胚盤胞移植後から2週間後のクリニックが多い。 移植後の生 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP