2017年1月22日(日)  体外受精

30代の体外受精の平均成功率はどれくらい?


「体外受精」は、体内から取り出した卵子と精子を人工的に授精させ、分裂した胚を女性の子宮内に戻すという治療法である。

一般的に、タイミング法や人工授精を試しても妊娠しなかったカップルに試されるが、女性の年齢が高い場合はもっと早い段階で医師から体外受精を勧められるケースもある。

体外受精の成功率

30代なら、まだそれほど卵巣や子宮の機能が落ちていない場合が多く、40代以降で受ける人に比べれば成功率はやや高いといえる。

しかし、体外受精はもともとあまり成功率の高くない方法なので、年齢が若いからといって必ずうまくいくわけではない。

ちなみに、体外受精の成功率・全国平均は、30代前半で約37.1%、30代後半では30・54%。40歳を過ぎるとここから更に半分程度の成功率に落ちてしまうので、妊娠を望むならできるだけ若いうちに治療を始めたほうが良いだろう。

成功率をあげるには

体外受精を成功させるには、卵子と精子の質を高めておくことが重要だ。そのためには早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動がキーポイントとなる。

なぜなら、不規則な生活はストレスの元となり、生殖細胞にとって有害な活性酸素を大量に発生させるからだ。これによって細胞はどんどん老化し「年齢はそれほど高くないのに、なぜか卵子の質が悪い」という結果につながる。

また、体に必要な栄養がきちんと取れていないことで精子の数や運動量が減ったり、夫婦生活を持ちたくてもED(勃起不全)でできなかったりするケースも多い。

精子は亜鉛・ビタミンE・たんぱく質などの栄養素を元に作られているので、食事内容には気を配ろう。食事で補えきれない栄養素は、サプリメントを使用する手もある。

そして運動不足は、血流を悪くして冷えや肥満につながる。冷えは卵巣や子宮の機能を弱めてしまうし、肥満は女性なら排卵障害、男性なら精子量の減少の原因になるので気を付けよう。

サプリメントで注意すべき点

妊活に良い成分全てを効率よく摂取したいところではあるが、全てを満足に摂取することはなかなか大変だ。しかも、さまざまなサプリメントを多く摂ってしまうと、不必要な成分を余分に摂取することになったり、過剰摂取の不安もある。

そこで今では、これら不妊症に悩む女性や男性に必要な成分を一つにバランス良く配合した「オールインワンサプリや最近注目されている「イースタティックミネラル」を含むサプリなども開発されている。

一つの成分だけにこだわるのもよいが、こういった製品を活用して必要な成分を体にも財布にも負担なく、バランスよく摂取するのも一つの方法ではないだろうか。

夫婦一緒に、日々の食生活・生活習慣を整え、ストレスを溜めないようにし、自分自身でも妊娠しやすい身体作りを心がけていくようにしよう。

▼評価の高い関連記事

  • 体外受精とは?体外受精とは? 体内で受精が難しいと考えられる場合、排卵前に体内から取り出した卵子と精子の受精を体外で行うことをいう。 最も一般的に行われるのは胚移植(IVF)で、その他に、GIFT(配偶 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • 必要な妊活成分を効率よく摂取して妊娠体質に

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP