2017年3月24日(金)  体外受精

IVF体外受精の一般的なスケジュール


IVF体外受精は、排卵誘発から胚移植までおよそ5週間ほどの時間をかけて行う。
一般的なスケジュールは次の通り。病院の方針や患者個人の事情によって多少の違いがあることを念頭のうえ、参考までにお読みいただきたい。

▶︎“卵子の若返りと質の改善”で注目されている成分とは?

一般的なスケジュール

① 月経開始予定日の一週間前から、排卵誘発を促すスプレキュアの投与を開始する

② 月経が始まったら、さらに排卵誘発のための注射を打つ

③ 排卵日の2日前になったら、また排卵誘発を促す注射を打つ

④ 卵胞がじゅうぶんに育ったら、採卵日を決定する

⑤ 採卵の数日後、子宮に胚を移植する

⑥ 約2週間後、妊娠判定を行う

体外受精を成功させるには

日頃から「卵子と精子の質の向上」を心がけた生活が必要だ。なぜなら、妊娠するためには、質の良い卵子と精子が絶対的に必要になるからだ。その為にはバランスの取れた食事と、規則正しい生活を送ることが必須項目である。

体外受精と仕事の両立

病院によっては、IVFを受ける患者を対象とした「体外受精教室」を開設しているところがある。
かかる費用や仕事との両立についてなど、事前に情報を収集することにより問題も対処しやすくなる。夫婦間の認識を合わせるためにも、できるだけ2人一緒に参加すべきだ。
また、職場への理解や協力を得る為に、事前に説明をしておく必要がある。
必要な検査を受けるため、平日の午前中に病院へ行かなければならないこともあるだろう。特にIVFの診察や検査のタイミングは、女性の体の状態によって急なスケジュール変更もあり得るからである。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 体外受精とは?体外受精とは? 体内で受精が難しいと考えられる場合、排卵前に体内から取り出した卵子と精子の受精を体外で行うことをいう。 最も一般的に行われるのは胚移植(IVF)で、その他に、GIFT(配偶 […]
  • IVF体外受精の費用 日本平均IVF体外受精の費用 日本平均 不妊治療の中でも、特に高額というイメージが強いIVF体外受精。日本では保険適用外なために基本的に全額自己負担となる。 ただし、自治体によっては少子化対策の一環として助成金が […]

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

PAGE TOP