2017年1月23日(月)  体外受精

ART体外受精の不妊治療成功率


ART体外受精の成功率

ARTは(assisted reproductive technology)の略で、体外受精―胚移植・顕微授精・凍結胚移植などの高度生殖医療のことを指す。

タイミング法→AIH(人工授精)と進んできた人が最後の望みを賭けて受ける治療であるが、残念ながら、成功率はそれほど高くはなく、日本では治療1回あたり20~40%程度といわれている。

特に、年齢が35歳を過ぎると卵巣の機能が落ちてくるなどの問題が起こりやすいことから、成功率は下がる一方だ。

ARTを成功させるために

ARTを成功させるためには、病院での治療を受けると同時に、毎日の生活に気を配って妊娠しやすい環境づくりを心がける必要がある。

たとえば卵子の質であるが、これは個人差が非常に大きく、一概に年齢が若いから良い、年齢が高いから悪いとは言い切れない一面がある。

体を冷やしたり、栄養バランスを考えない簡単な食事ばかり取ったりするなど、体によくない生活を続けていれば、当然体の一部である卵巣の機能は落ちる。

反対に、自分の体を労わって毎日丁寧に暮していれば、たとえ高齢出産と呼ばれる時期を過ぎても、卵子の質を保てる可能性はじゅうぶんにあるのだ。

卵子の質を保つには

卵子ミトコンドリアの活性を強化する成分として近年注目を集めているのがイースタティックミネラルだ。卵子の老化対策として日本でも広く普及し始めている。

これまでは海外輸入サプリメントDHEAを卵子の老化対策として選ばれていたが、海外製品という懸念が広がり、「イースタティックミネラル」を配合したサプリメントが受け入れられているのだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 体外受精とは?体外受精とは? 体内で受精が難しいと考えられる場合、排卵前に体内から取り出した卵子と精子の受精を体外で行うことをいう。 最も一般的に行われるのは胚移植(IVF)で、その他に、GIFT(配偶 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP