2017年3月24日(金)  体外受精

体外受精のHCG注射でも採卵出来ない理由


採卵できない要因

体外受精をするためには妊娠が可能な質の良い卵子を採取する必要があるので、排卵を促すHCG注射を打つケースも多い。

これにより、通常はおよそ36時間後に排卵して卵を採取するという運びになるのだが、中には卵が育ったとしても採卵できない場合もある。
たとえば、卵胞があることが確認したにも関わらず、採卵後では確認されなかったというケース。

主な原因の一つに「遺残卵胞」があるが、これは前周期の卵胞がまだ消えずに残っているもので、HCG注射の刺激により新しい卵胞よりも早く育とうとする傾向がある。
こうして古い卵胞に成長を邪魔されてしまい、正常な卵子が育たないのだ。

採卵をするためには卵胞が壁から剥がれて漂っている必要があるが、卵胞の質の悪さによって卵胞壁にくっついて剥がれないケースがある。
この場合もやはり採卵するのは難しい場合が多い。

▶︎“卵子の若返りと質の改善”で注目されている成分とは?

卵子の老化

つまり、どの治療に対しても「卵子の老化」が採卵の妨げの要因となっている。
この卵子の老化を防ぐにはどうしたらよいか。

規則正しい生活・バランスのとれた食事

つまり、卵子の質を向上させることに尽きる。例えば食事、喫煙、アルコールの摂りすぎ、また強くストレスを感じているような人は、生活の見直しを図る必要だ。
また、質の高い睡眠を得る努力や、外食に偏っている倍は週に1〜2回は自炊することを心がけることによって、卵子の質の向上に効果があるだろう。

適度な運動

エネルギーを放出して卵子を活性化させてくれるミトコンドリアの数を増やすことも大切だ。ミトコンドリアも規則正しい生活によって作られる。
特に筋肉の中にミトコンドリアは多く存在するため、適度な運動を日課にすると良い。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 体外受精とは?体外受精とは? 体内で受精が難しいと考えられる場合、排卵前に体内から取り出した卵子と精子の受精を体外で行うことをいう。 最も一般的に行われるのは胚移植(IVF)で、その他に、GIFT(配偶 […]
  • 体外受精で欠かせない自己注射体外受精で欠かせない自己注射 体外受精では、排卵のコントロールやホルモン補充などを目的として、毎日注射することが必須となる。そのため、病院に行く時間がとれない場合は自己注射ということになる。 ▶︎“卵子 […]

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

PAGE TOP