2017年10月24日(火)  不妊治療アドバイス

2人が仲良しだったら大丈夫!!これが私たち夫婦の合言葉でした。

2016年10月23日 / 東京都Y・N様のイースタティックミネラル 症例報告

不妊治療について

年齢 妻:30歳
夫:30歳
不妊治療の期間は?
不妊治療にかかった費用は?
不妊治療で使用したお薬は?
不妊治療の内容は? hmg-hcgタイミング法

子作りを始めたタイミングや不妊治療に至るまでの経緯をお教えください。

結婚してから原因特になしの不妊に悩むこと3年。今年の4月、治療をお休みしている時に初めての妊娠がわかり、夫婦共々喜んでおりました。ところが、妊娠7週、心拍確認後に稽留流産。受精卵の染色体異常によるものとの診断でした。その後、医師の指示に従いながらタイミング法で様子を見ていましたが妊娠せず。たまたま検索で見付けたイースタティックミネラルに願いを込めて、定期コースで購入。
飲み始めて初めての卵胞期にhmg注射を打っていないにも関わらず、右側3つ、左側1つの計4つの卵胞が育っていることが発覚。お医者さんも「いきなり卵巣がやる気出したとしか思えない」と仰っていました。イースタティックミネラルのことはお医者さんには話さなかったのですが、こんなにやる気を出してくれたのはイースタティックミネラルのお陰だと効果を確信しました。
実際に卵子の質が向上してくるのは3ヶ月後だとのことでしたが、私の体にはとても合っていたみたいで、目に見える変化がすぐ出てくれたのでモチベーションもかなり上がっていたと思います。毎食後に葉酸サプリとビタミンEサプリと一緒にイースタティックミネラルを1粒ずつ飲んでいました。継続は力なり。私は毎日コツコツというのがとても苦手なタイプでしたが、頑張れました。
排卵期になると2つの卵胞が大きく育ちましたが、結局排卵されたのは1つでした。今までhmg注射で卵胞細胞を育てていたこともありましたが、今回のような育ち方は初めて見ました。 そして、今回はいける気がする…と期待よりも確信の方が強かったように思います。結果、再び妊娠することができました。
昨日の検診で、母子手帳をもらってきてくださいと言われ本当に感慨深いです。まだまだこれから先も安心ならないこともありますが、イースタティックミネラルに出会うことができて、本当に良かったです。身近に悩んでいる人がいたら、絶対にオススメしようと思っています。本当にありがとうございました。

サプリメントを飲もうと思ったきっかけは何でしょうか?

前回の妊娠では染色体異常による流産を経験しました。卵子の質を上げるということは、染色体異常を減らすことにも繋がっているのではと考え、飲み始めました。

子作りをするために何に気をつけていましたか?

体を冷やさないように、常に靴下を2枚重ねにしました。またくるぶしまでのソックスを止めて、足首までしっかり温めることを意識しました。

実際に実践した気分転換方法

低温期には岩盤浴、高温期にはアロマ温浴を楽しんでいました。

妊娠が分かった時期

病院に行くまで我慢出来ず、海外製の検査薬で早い時期から検査をしていました。妊娠していることがわかったのは生理予定日前々日あたりです。兆候としては、前回の妊娠時同様、子宮のチクチクした痛みが生理予定日から一週間前よりありました。生理痛にしてはちょっと早いなと感じ、もしかしたらと思いました。

不妊症を克服したいと頑張っている人へメッセージをお願いします。

この苦しみはいつまで続くんだろう、本当に私は妊娠できるのかと思い悩んでいた時期もありました。自分の力を信じて努力していれば、きっと報われると思います。
あまり周囲と比較せず、自分たちらしくマイペースに進めていけると心もいくらか負担が軽くなりますよ。2人が仲良しだったら大丈夫!!これが私たち夫婦の合言葉でした。不妊で悩んだり、治療を進めている夫婦は、何も苦労せずに子どもを持った夫婦よりも絆が深いと思います!

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

PAGE TOP