2017年1月23日(月)  不妊治療アドバイス

体外受精でダメだった時も次は必ず妊娠すると信じていたこと。


東京都T・N さんの不妊症克服 報告

不妊治療について

年齢 妻:40歳
夫:40歳
不妊治療の期間は? 1年2ヶ月
不妊治療にかかった費用は? 約130万円
不妊治療で使用したお薬は? クロミッド
不妊治療の内容は? タイミング法、人工授精、体外受精

子作りを始めたタイミングや不妊治療に至るまでの経緯をお教えください。

39歳で結婚、もともと卵巣を1つ摘出しているためにできる限り早めに子供がほしいと結婚と同時に不妊治療に臨みました。

サプリメントを飲もうと思ったきっかけは何でしょうか?

卵巣年齢がかなり低い数値だったのと、体外受精しても空砲だったり、受精しても分割停止したりして卵子の老化を感じていました。そんな時インターネットで卵子の活性化が期待できるイースタティックミネラルの存在知り、私でも効果が期待できると信じ飲んでみたいと思いました。

子作りをするために何に気をつけていましたか?

体外受精でダメだった時も次は必ず妊娠すると信じていたこと。夫とその日にあった出来事を話し2人の時間を持つこと、信頼関係を築くように努めました。

妊娠はいつ頃分かったのでしょうか?その際、妊娠の兆候は感じましたか?

毎日基礎体温を測定していたため高温期が続いていたのと冬にも関わらず体がポカポカしていました。また、体外受精で新鮮胚移植をしていたので判定日に採血で先生から妊娠判定をいただきました。

不妊症を克服したいと頑張っている人へメッセージをお願いします。

子供がほしいと思ったら旦那様と話し合い、最後まで後悔しないように行動してほしいなと思います。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP