2017年1月19日(木)  不妊治療アドバイス

何か可能性があるなら試してみようと思いました


福島県 T・Aさんの不妊症克服 報告

不妊治療について

年齢 妻:41歳
夫:41歳
不妊治療の期間は? 1年3ヶ月
不妊治療にかかった費用は? 30万円
不妊治療で使用したお薬は? セキソビット
不妊治療の内容は? タイミング法、HCG注射

子作りを始めたタイミングや不妊治療に至るまでの経緯をお教えください。

結婚が遅かったので、第一子の時から不妊治療に通院し、5ヶ月で授かる事ができました。第二子を望む段階で40歳を過ぎていたので、再度通院を決意しました。

サプリメントを飲もうと思ったきっかけは何でしょうか?

基礎体温では高温期が短く、卵胞検査でも、卵胞が成熟しないうちに早く排卵してしまい、タイミング法も難しくなっており、これが卵子の老化の影響なのかと思うような状況だったので、何か可能性があるなら試してみようと思った為

子作りをするために何に気をつけていましたか?

体を冷やさないように

妊娠はいつ頃分かったのでしょうか?その際、妊娠の兆候は感じましたか?

妊娠5週目の時に、妊娠検査薬でわかりました。基礎体温の高温が続く以外は、兆候はありませんでした。

不妊症を克服したいと頑張っている人へメッセージをお願いします。

ゴールの見えない治療で、期待と落胆の繰り返しでしたが、あきらめずに何かを信じで続けて行く事も大事なのではと感じました。
人それぞれ違った悩みを抱えていると思いますが、あきらめずに頑張って欲しいです。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP