2017年1月19日(木)  不妊

不妊ストレスを上手に発散させる方法


ストレス発散するには

不妊治療中は、何かとストレスが溜まってしまう。そんな方は多いのではないだろうか。
今回は、ストレス発散方法を簡単にまとめてみた。

ヨガ

ゆっくりと呼吸しながら体を動かすことで血流が良くなり、冷え症が和らいだり、卵巣や子宮の機能を高めたりする効果が期待できる。

心と体を解放してリラックスすることで、ストレスのたまりがちな不妊治療の時期を乗り切るためのエネルギーが得られる。夜もぐっすり眠れるようになるので、女性ホルモンの分泌にも役立つだろう。

漢方・鍼灸

血行促進・基礎体温の安定・生理不順の改善・冷え性の緩和・貧血の改善などの効果が期待できる。鍼灸も漢方も、個人差はあるものの、時間をかけて少しずつ体質を変えていくものだ。

また、ホルモンバランスが整うことで月経痛も緩和し、血流が良くなって冷え性が治るので体調が良くなる。そうなることで、毎日を気分よく過ごせるのでストレスもたまらず、生殖細胞の大敵である活性酸素を抑制することにもつながるのだ。

アロマテラピー

アロマは自宅で手軽にできる「ホルモンバランスの調整」方法だ。また、良い香りで部屋中を満たし、気持ちをリラックスさせてくれる作用もある。

アロマは、専用の器具を用いて焚く他に、ハンカチに垂らして持ち歩いたり、お風呂のお湯に入れて入浴したりといろいろな使用方法があるので、自分なりの方法で楽しもう。

趣味に没頭

旅行(国内外ともに)やウォーキング、ガーデニングや裁縫、映画鑑賞やジムなど、自分にとって大好きな趣味に没頭することはとても良いことなのだ。

好きなことに没頭するということは、気持ちも高まり、溜まっていたストレスが上手く発散させることができるからだ。

もし、趣味を持っていないという方は、「食後30分〜1時間後のウォーキング」を行ってみてはどうだろうか。

食後のウォーキングは、食事で上昇した血糖値を緩やかに消費していってくるので、アンチエイジング効果もあり、身体にも優しいのだ。また、ウォーキングという適度な運動によってストレスも上手に発散できるはずだ。

サロン・マッサージ

アロマオイルのマッサージやフェイスエステなど、体の歪みを改善し、リラックスしながら元気な自分を取り戻せるということで、若い方から年配の方まで多くの方が利用しているようだ。

心と身体の健康バランスを整え、多くのストレスに立ち向かえる強い身体に改善できるという。
もちろんアンチエイジング効果のある施術を取り入れているサロンもあり、日本全国様々なお店が並んでいる。

いろいろな種類のサロンがあるので、自分に合ったサロンを見つけることが一番大切になってくる。

アンチエイジング(若返り)の大切さ

全ての生き物に共通することではあるが、「アンチエイジング(若返り)」はとても大切だ。そのまま老化させ続けてしまっては、身体はすぐに壊れてしまう。また、不妊にも拍車がかかり悪い方向へ進んでしまう。

これは、人の見た目にも言えることだ。
不妊治療に専念するあまり心身共々疲れ果て、精神だけでなく見た目までもボロボロ、なんてことも・・・

行き詰まってしまった場合は、上記のように一呼吸いれることをおすすめする。海外旅行や好きな趣味に没頭するなど、不妊の悩みは忘れて休憩してみよう。

また、身体自体ににアンチエイジング効果のある、クリームやサプリなども取り入れてたり、専門のクリニックに行って相談しても良いだろう。
身体のアンチエイジング(若返り)を積極的に取り入れているクリニックには、「もとび美容外科クリニック」など、美容クリニックなどで相談に乗ってもらえるようだ。

不妊症とは直接関係はないことでも色々とチャレンジしてみることが、ストレスの解消・リラックス、ひいては不妊症の改善に一役かうのではないだろうか。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 子宮頸管粘液について正しく知る子宮頸管粘液について正しく知る 子宮頸管粘液とは子宮の入り口部分の子宮頸部の分泌腺からでる粘液のことである。一般的に濡れない、濡れにくいというのはこの頸管粘液の分泌量が少ないことをいう。 頸管粘液の量が充 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP