2017年1月20日(金)  不妊

妊活は卵子と精子の質を高めよう


「妊活」は一言で口にしても、方法としてはとても様々なやり方が広がっている。その中で特に近年では、30代後半の女性と男性の妊活が注目されている。

妊娠において大切なこと

10代・20代と若かった頃は、元気だった卵子や精子も、歳を重ねるごとにその機能は衰えてきてしまう。もちろん、加齢の他にも卵子や精子の質を下げてしまう要因は多く存在する。

卵子・精子の質を下げる要因

・加齢
・ストレス
・不規則な生活
・飲酒や喫煙
・女性の場合:冷え症
・男性の場合:熱

女性では、冷え症が多くみられる。冷えは卵巣や子宮の機能にまで影響してしまうため、体を冷やさないことだ。

また、男性では近頃、膝の上でノートパソコンを置いて長時間の作業をしたり、ボクサーパンツなど締め付けるような下着を着用することが増えている。

そのため、熱に弱い精子が、こもった体温やノートパソコンなどの熱によって弱ってしまう。精子の質を高めたいのであれば、熱には十分に注意が必要だ。

卵子と精子の質を上げるには

卵子と精子にはその機能を十分に発揮させるための細胞器官が備わっている。それは「ミトコンドリア」と呼ばれるエネルギー製造装置のような器官だ。

しかし、このミトコンドリアは体に良くない生活を続けていると徐々にその数は減少し、必要なエネルギーを作り出すことができなくなってしまう。

そして、卵子と精子の妊娠するための機能が正常に働かなくなるのだ。では、いかにして妊娠するための機能を保たせるのか。

ミトコンドリアを活性化させる

卵子や精子のエネルギー製造装置の役割を担っている「ミトコンドリア」を元気にさせることが一番の近道だ。

方法としては、早寝早起きなどの規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事、適度な運動などがあげられる。

だが、より卵子や精子の質を上げたいのであれば、日常生活の改善の他にも、ミトコンドリアの不足したエネルギーを補給するための成分「イースタティックミネラル」を含むサプリメントを併用することをおすすめする。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 子宮頸管粘液について正しく知る子宮頸管粘液について正しく知る 子宮頸管粘液とは子宮の入り口部分の子宮頸部の分泌腺からでる粘液のことである。一般的に濡れない、濡れにくいというのはこの頸管粘液の分泌量が少ないことをいう。 頸管粘液の量が充 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP