2017年10月23日(月)  不妊

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

▶︎症例の結果を詳しく見る

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

妊活は成功者から学ぶことが近道

妊活。それはまさに妊娠を目指して様々な活動に取り組むことだ。
現代では漠然と「妊活」という言葉が一人歩きしているが具体的には、将来の妊娠を目指して取り組む妊活から、今まさに妊娠を目指して取り組む妊活、さらには不妊症の克服を目指して取り組む妊活まで、それぞれの目的や意識・状況に応じてその内容も多種多様だ。

しかし、いずれにしても妊娠を目指す以上共通して大切なことがある。
それは卵子と精子が健康でないと成立しないということだ。

妊娠において大切なこと

卵子や精子の質を意識したことがあるだろうか?

実は10代・20代と若かった頃は元気だった卵子や精子も、歳を重ねるごとにその機能は衰えてきてしまう。
さらに加齢の他にも卵子や精子の質を下げてしまう要因は数多く存在する。

そうして知らず知らずのうちに妊娠力を低下させてしまっているのだ。

加齢による卵子と精子の老化

卵子と精子は年齢を重ねるごとに老化が進み、徐々にその機能を失っていく。

その傾向が顕著になるのが35歳以上で、この年齢を過ぎると体外受精や顕微授精など高度生殖医療においても成功する確率がわずか30%程度にまで下がってしまうという。

しかし、一方で35歳を過ぎていても自然に妊娠できるカップルも存在する。その違いは何かというと、それは加齢に負けず卵子や精子が元気な状態に保たれているからだ。

女性の冷えと男性の熱

女性は体が冷えると卵巣や子宮の機能が低下してしまう。

逆に男性は、膝の上にパソコンを置いて仕事をするなど、精巣が温められる状態が続くと精子の質が悪くなってしまう。

飲酒や喫煙

飲酒や喫煙も生殖機能にダメージを与えるので、できれば控えたほうが無難だ。

卵子と精子の質を上げるには

卵子と精子にはその機能を十分に発揮させるための細胞器官が備わっている。それは「ミトコンドリア」と呼ばれるエネルギー製造装置のような器官だ。

しかし、このミトコンドリアは体に良くない生活を続けていると徐々にその数は減少し、必要なエネルギーを作り出すことができなくなってしまう。

そして、卵子と精子の妊娠するための機能が正常に働かなくなるのだ。では、いかにして妊娠するための機能を保たせるのか。

ミトコンドリアを活性化させる

卵子や精子のエネルギー製造装置の役割を担っている「ミトコンドリア」を元気にさせることが一番の近道だ。

方法としては、早寝早起きなどの規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事、適度な運動などがあげられる。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 頚管性不妊?子宮頸管粘液の不調頚管性不妊?子宮頸管粘液の不調 子宮頸管粘液とは子宮の入り口部分の子宮頸部の分泌腺からでる粘液のことである。一般的に濡れない、濡れにくいというのはこの頸管粘液の分泌量が少ないことをいう。 頸管粘液の量が充 […]
  • 妊活に潤滑ゼリーは有効?妊活に潤滑ゼリーは有効? 妊娠を目指してタイミング法に取り組んでいると、どうしても義務的になってしまい「気持ちが乗らない」ことや「濡れにくい」といったあるのではないだろうか。 そういう時に手助けとな […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

PAGE TOP