2017年1月22日(日)  不妊

不妊を克服する近道は卵子力と精子力の向上にあり


特に持病があるわけでもなく、避妊もしていないのに、なぜか子供ができない。単にタイミングが合っていないことも考えられるが、この状態が2年以上も続くのであれば不妊症になってしまっている可能性が高いだろう。

そして、原因のほとんどを占めているのが卵子力と精子力の低下である。

卵子力と精子力の低下の要因

女性の冷えと男性の熱

女性は冷えに、男性は熱に気をつけることだ。女性は体が冷えると卵巣や子宮の機能が低下してしまう。

男性は、膝の上にパソコンを置いて仕事をするなど精巣が温められる状態が続くと精子の質が悪くなってしまう。

飲酒や喫煙

飲酒や喫煙も生殖機能にダメージを与えるので、できれば控えたほうが無難である。

加齢による卵子と精子の老化

卵子と精子は年齢を重ねるごとに老化が進み、徐々にその機能を失っていく。

その傾向が顕著になるのが一般的に「高齢出産」と呼ばれる35歳以上で、この年齢を過ぎると高額な費用をかけて体外受精や顕微授精を試しても、成功する確率はわずか30%程度にまで下がってしまうのだ。他の治療法に関しても同様である。

しかし、一方で35歳を過ぎていても自然に妊娠できるカップルも存在する。その違いは何かというと、やはり卵子や精子が元気な状態に保たれているかどうかが大きいのだ。

卵子力と精子力の向上

卵子力と精子力を上げるには、ミトコンドリアの存在が欠かせない。

ミトコンドリアはもともと、人間の体内に備わっている細胞器官で、エネルギーを放出して卵子や精子にそのエネルギーを与え、卵子と精子の生殖機能を促すという重要な役目を担っている。

しかし、これもやはり年齢とともに減少してしまうので、意識して数を増やしていく必要があるのだ。

ミトコンドリアは、早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動など規則正しい生活によって作られる。筋肉の中に多く存在するので、特に筋力トレーニングを日課にすると良いだろう。

さらに、イースタティックミネラルという成分が含まれたサプリメントを取ると、ミトコンドリアに不足しているエネルギーを補給することができる。

イースタティックミネラル」により、老化したミトコンドリアが甦り、質が悪くなった卵子や精子を回復させることができるのだ。それにより、不妊治療に費やす時間も短縮することに繋がるのだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 子宮頸管粘液について正しく知る子宮頸管粘液について正しく知る 子宮頸管粘液とは子宮の入り口部分の子宮頸部の分泌腺からでる粘液のことである。一般的に濡れない、濡れにくいというのはこの頸管粘液の分泌量が少ないことをいう。 頸管粘液の量が充 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP