2019年5月24日(金)  不妊治療全般

レーザー治療(LLLT)の効果を上げるためには?

不妊治療の一つとして、レーザー治療(LLLT)がある。
不妊症改善のために血流を刺激する治療で、人工授精や体外受精などの治療と一緒に併用されることも多い治療だ。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

レーザー治療(LLLT)とは

「Low level laser therapy」

略してLLLT。クリニックでは低出力レーザー治療や低反応レーザー治療と呼ばれている。

このレーザー治療は細胞を活性化させ、血流を改善することを目的とした治療。
外科的レーザー治療や脱毛レーザーなどとは違い、痛みのあるレーザーではない。

なぜ不妊症に効果がある?

レーザー治療の代表的な改善例として、下記の項目が挙げられる。

・ホルモンバランスの改善

・子宮内膜など着床能力の向上

・卵巣機能の改善

女性ホルモンの分泌・運搬には血流が大きく関わっている。
血流が悪いと、脳から卵巣への女性ホルモン分泌指令も届きにくく、運搬自体も滞ってしまうため、レーザー治療の血流改善が効果的だ。

レーザー治療の効果を上げるために

このレーザー治療は、体外受精や顕微授精の2ヶ月前から取り入れられることが多い。
妊娠に向けて卵胞や子宮内膜の状態を整えておくためだ。
合わせて卵子の活動力の源であるミトコンドリアにも着目しておこう。

ミトコンドリアは有酸素運動や空腹など、身体に少しの負荷がかかることで活性化するため、レーザー治療開始と共に日常生活を少し改善しておくと、最高の状態で治療が出来るのではないだろうか。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス