2019年4月20日(土)  不妊治療全般

受精した時はどんなタイプのおりものが出る?

女性が妊娠すると、お腹の赤ん坊を様々な雑菌から守ろうと、身体がおりものを増やすようになる。
排卵日付近のおりものとは状態が違うようで、多くの体験者の声を聞くと、妊娠時のおりもののタイプはさらさらとしたおりもののようだ。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

おりものの違い

他にもにおいが違うことがあったりなど、妊娠時、つまり受精時のおりものは、排卵日のおりものとは違うため、いつもと少し違うなと感じたら妊娠を考えてみてもいいだろう。
ただし、不規則な生活をしている場合は、おりものの状態が他の人とは異なることが多い。妊娠時のおりものを見分けるためにも、普段から栄養価の高い食事と充分な睡眠が必要だ。

不妊治療中の多くの夫婦が活用

仕事で食事の融通がきかないという場合には、サプリメントを検討してみるといいだろう。
不妊治療中の夫婦は共働きが多く、一日の必要な栄養を食事だけでまかなうことは難しいため、ほとんどの夫婦は妊娠しやすい身体作りを目的にサプリメントを利用している。
充分な食事と睡眠をとるということが前提だが、足りないものを補う方法の一つとしてサプリメントを利用することも選択肢の一つだ。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス