2019年4月20日(土)  不妊治療全般

プラノバールで注意したい副作用

「プラノバール」は、高温期に分泌される女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンを合体させたもので、月経異常や更年期障害・卵巣機能不全などの治療に使われる薬である。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

使うタイミングによって効果が変わる

プラノバールは、使うタイミングによって効果が変わる薬なので、目的によって服用のタイミングが指示される。勝手な判断で服用すると全く逆の効果が現れてしまうので、指示はきちんと守ろう。

主な使われ方

・体外受精をする時、採卵前に使用すれば質の良い卵子ができる
・採卵後に使用すると、受精卵の着床を助ける効果がある

プラノバール服用後の生理

プラノバールを毎日服用することでホルモンバランスが変わり、子宮内膜の厚い状態が維持される。
その後、適切な時期に服用をやめることでホルモン量が減り、やがて子宮内膜が剥がれ生理が起こる。

副作用などプラノバールで注意しておきたいこと

ホルモン剤なので、人によっては吐き気・乳房の張り・不正出血が起きることがある。あまり体の不調が続くようであれば医師に相談してみよう。
特に注意してほしいのが血栓症で、血液の塊が出来て血管をふさいでしまうことから、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす恐れがある。ふくらはぎの痛み・しびれ・激しい頭痛・突然の視力低下などの症状がみられたら、すぐに診察を受けよう。
また、他の薬剤との併用で効果が薄れたり、逆に作用が強まってしまったりすることがあるので、別の薬も飲む可能性があれば、そのことを医師に伝えておくことも大切である。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス