2018年7月20日(金)  不妊治療全般

症例の結果を詳しく見る

※個人の方から頂いた症例報告の内容であり、効能や影響を保証するものではありません。

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

カンジダと不妊の関係とは?

カンジダ

カンジダ菌と呼ばれる真菌によって起こるもので、発症するとカッテージチーズのような白いおりものが増え、かゆくてたまらなくなる病気だ。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

性病というイメージが強いが、原因は性交渉だけではない。実は、人は誰でも皮膚や粘膜の中にこのカンジダ菌をもっており、ストレスやホルモンバランスの乱れなどが引き金となって発症してしまうのだ。

カンジダの人は妊娠しにくい?

カンジダの人は妊娠しにくいといわれているが、それは半分正しくて半分間違っている。カンジダを患っているからといって、決して不妊体質というわけではない。
じゃあ、一体なぜこのような話が出てくるのかというと、それはカンジダによって膣内に炎症が起こり、卵管に向かって必死に進む精子にとって決して良い環境とは言えなくなるからなのだ。また、カンジダは性交によって相手に移ることがあるので、単純に完治するまでは性行為ができないというのも妊娠から遠ざかる原因である。

発症させないために

できるだけ規則正しい生活を送り、疲れやストレスを翌日に持ち越さないことが大切だ。特に、一度でも発症したことのある人は再発しやすいので気を付けてほしい。
また、下着は通気性の良いものを選び、こまめに洗濯して清潔さを保とう。カンジダは温かくて湿った環境が好きなので、汗をかいたりおりもので汚れたりした時はすぐに着替えることも大切である。
そして、これは意外と知られていないことなのだが、カンジダ菌は腸の中にも存在するので、トイレで拭く時は必ず前から後ろへペーパーを動かそう。膀胱炎防止のためにも、女性はこの拭き方をしたほうが良い。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報や症例報告等の正確性・公平性には細心の注意を払っており、一度精査した上で公開させて頂いておりますが、効能や影響には個人差があり、全ての方に効能や影響を保証するものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。