2019年4月21日(日)  不妊治療全般

AMHが低い人のDHEA摂取の注意点とは?

AMH

「AMH」はアンチミューラリアンホルモンの略で、発育過程にある卵胞から分泌される物質のことである。この値を検査することで卵巣にあとどのぐらい卵子が残っているかをある程度予測することができるため、不妊治療の一環として行われる。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

しかし、この検査で分かるのはあくまでも卵子の数についてであり、その質には全く関係がない。つまり、AMHの検査結果が良くても、肝心の卵子の状態が悪ければ自然妊娠できる可能性は低いのだ。

卵子の数を増やすことは可能?

残念ながら、現在の日本の医療技術ではAMHの値を上げることはできない。つまり、卵子の数を増やすことは不可能というわけだ。
だからこそ、妊娠を成功させるためには卵子の質を良い状態に保つ必要があるのだが、そのために有効なサプリとして注目を浴びているのが「若返りの薬」と呼ばれるDHEAである。DHEAには卵巣機能をアップさせる効果があるので、続けて飲んでいるとだんだん卵子の質が良くなってくる・・・というのがその理由だが、服用にあたってはいくつかの注意点があるので覚えておこう。

DHEA服用時の注意点

・ 女性が服用すると、男性ホルモンが増えてヒゲが生えたり、にきびが出来たりすることがある
・ 卵巣がんや乳がん、前立腺がんの進行を早める
・ スポーツの大会に出る時は、ドーピング検査にひっかかるので服用のタイミングに注意が必要
・ 長期間の使用を急にやめると、禁断症状が現れることがある
・ 倦怠感、肝炎、不整脈が起きる可能性がある
・ 日本国内で生産されたものではないので、体質に合わない可能性がある

卵子の質を良い状態する

卵子の質を良い状態に保ち「より妊娠しやすいカラダにする」ために、特に一番の近道と言えるのは、卵子と精子の中に存在する「ミトコンドリアを甦らせる」方法だ。
卵子や精子の元気度には、細胞の活性化を促すミトコンドリアの数も深く関わっている。このミトコンドリアは。筋肉に多く存在しているため、筋力トレーニングをすると良いだろう。ついでに体温を上げることもできて一石二鳥だ。
日頃の生活を整え、ミトコンドリアを増やす体づくりを意識していきましょう。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス