2018年4月26日(木)  サプリメント

症例の結果を詳しく見る

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

女性ホルモンを減らす危険な栄養素とは?

女性の体は、心身ともに女性ホルモンによってコントロールされている。
そのため女性ホルモンが不足すると、更年期障害や生殖器官の機能低下による不妊体質への変化などのリスクを高めてしまう。

残念ながら、女性ホルモンは年齢とともに減少するのが普通である。また、栄養バランスの悪い食事や夜更かしなど、不規則な生活も女性ホルモンを減らす原因になる。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

女性ホルモンを低下させる栄養素

糖質

疲れた時に甘いものが欲しくなる方も多い。その理由に、糖質を口にすることで「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンが分泌されるからだと言われている。

しかし、その効果は持続せず、すぐに元の状態に戻る。また、摂り過ぎるとホルモンバランスが乱れてしまう。

インドールー3-カルビノール

ブロッコリーなどに含まれるこの栄養素には、女性ホルモンの分泌を抑える作用がある。

男性ホルモンを優位にするため、体を鍛えたい時には良いが、妊娠を望んでいる女性には不向きだ。毎日食べることは避けた方が良いだろう。

女性ホルモン増やす栄養素

イソフラボン

大豆製品などに多く含まれるイソフラボンは、どちらかというと女性ホルモンを増やしてくれる栄養素だ。
しかし、それはあくまでも適切量を摂っている場合で、摂り過ぎは逆にホルモンバランスの乱れにつながってしまう。

ジオスゲニン

女性ホルモンを増やす成分として現在、大きな注目が集まっているジオスゲニン。山芋を原料としている。
ジオスゲニンはDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)と構造が似ているため、アンチエイジングなどの作用があることが報告されている。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊症対策や不妊治療に期待できるサプリとは?不妊症対策や不妊治療に期待できるサプリとは? 不妊症は80%以上が卵子力と精子力の低下が原因と言われています。 不妊治療に期待できるサプリメントとはどんなサプリメントなのでしょうか? 不妊症を克服し妊娠するには、卵子と精 […]
  • 妊活中の食事で妊娠力を高める効果は?妊活中の食事で妊娠力を高める効果は? 妊活中の方に是非とも摂ってほしい栄養素があります。これを食べたら妊娠する!という食べ物はありませんが、妊活中の食べ物で、妊娠しやすい身体作りを助ける栄養素を摂ることは卵子や精子に […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。