2019年4月21日(日)  サプリメント

妊活中の葉酸とヘム鉄の正しい取り方とは?

妊娠を望んでいる女性が、注意すべきことは多いだろう。特に、冷え性と貧血には要注意だ。
中でも貧血は「潜在性鉄欠乏性貧血」と呼ばれるタイプが、不妊を訴える女性に多くみうけられる。この貧血の根本的な要因は、無理なダイエットや偏食などによって、栄養が足りていないことから引き起こされる。

また冷え性は貧血同様、妊娠にとって大敵だ。
その根本は、冷たい飲食が多かったり運動不足やシャワーだけで済ませているなどで、血流が滞ってしまい全身に熱が送られなくなってしまうことで引き起こる。
冷えてしまうことでホルモンバランスは狂い卵巣機能が低下、結果的に妊娠しにくい体質になってしまうというわけだ。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

妊娠しやすい状態へ改善するには

この状態を改善するのに役立つのが、葉酸とヘム鉄。

鉄分には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」の二種類がある。このうちヘム鉄のほうが、非ヘム鉄に比べて5~6倍ほど吸収率が高い。
サプリメントを選ぶなら「ヘム鉄」と表示されているものを選ぼう。

そして、ヘム鉄と一緒に摂るのが望ましいとされているのが「葉酸」。
鉄分から赤血球を作り出すためには、鉄分単体では難しく、葉酸がサポートすることで初めてスムーズな生産が可能となる。この2つの栄養素を1つに合体させたサプリメントの種類が多いのはこのためだ。

さらに、葉酸と同じく赤血球を作り出すサポートの役目を果たすビタミンB12と銅も一緒に摂れば、貧血を改善できる可能性はより高くなるだろう。

より妊娠できる身体にするために

もちろん必要な栄養素の摂取は大切だ。

しかし、より効果的にしたいのであれば、夫婦一緒に日々の食生活・生活習慣を整え、ストレスを溜めないようにすることが一番だと言える。
それを継続することで、妊娠しやすい身体作りへの近道になるはずだ。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス