2018年12月10日(月)  サプリメント

症例の結果を詳しく見る

※個人の方から頂いた症例報告の内容であり、効能や影響を保証するものではありません。

効果的な妊活サプリメントの成分とは?

妊活サプリメントには、様々なアプローチの妊活サプリメントがあります。
普段の食事で不足しがちな栄養素を補えるマルチ栄養素の妊活サプリメントやコエンザイムQ10やL-カルニチン、ビタミンCなどの抗酸化作用を高めることでミトコンドリアの老化を防ぐアプローチの妊活サプリメントなどがあります。
様々な妊活サプリメントがあり、迷ってしまいますが、どのアプローチの妊活サプリメントがいいのでしょうか?

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

栄養素を補う妊活サプリメントの人気成分

厚生労働省でも推奨されている「葉酸」

ビタミンB群の1種で妊娠に大きな役目を果たします。造血作用があり、貧血防止・血行促進に期待できます。レバーやほうれん草・納豆・アスパラガス・ナッツなど多くの食物に含まれている成分で妊活女性に人気の妊活サプリメントの成分の1つです。

酸素の運搬に必要な「鉄」

こちらも妊活サプリメントでは一般的な栄養素です。赤血球のヘモグロビンの主成分の鉄。
ヘモグロビンは酸素と結合して体の中で酸素を運搬します。
体内の鉄が不足すると酸素運搬に支障が出るため、貧血の原因になります。

ビタミンやミネラル、アミノ酸が豊富な「マカ」

妊活サプリメントではよく聞く「マカ」南米ペルー原産のアブラナ科のハーブです。
植物性エストロゲンが含まれており、ホルモンバランスを調整し正常な排卵を促す手助けをしてくれます。
その他にも数多くの種類の栄養成分が取れるマルチ栄養素のサプリメントが人気です。

抗酸化作用を高める妊活サプリメント成分

「抗酸化」というワードは1度は聞いたことがあると思います。人間の体は普通の生活をしているだけでも活性酸素が発生します。この活性酸素が体内を酸化(老化)させる物質で、体内の老化は、卵子にも精子にも影響します。
卵子や精子の老化が進むと活発な質の良い卵子や精子が形成されにくく、
質の低い卵子や精子(いびつな形の卵子や奇形の精子など)が多く形成され、受精する確率にも影響します。老化は不妊へと繋がる大きな原因の1つになります。
卵子や精子の老化を防ぐ為に、コエンザイムQ10やL-カルニチン、ビタミンCなど抗酸化作用を高め、ミトコンドリアの老化を防ぐアプローチの妊活サプリメントがありますが、
コエンザイムQ10やL-カルニチン、ビタミンCなどは、あくまで抗酸化であり、水溶性の為ミトコンドリアの外膜や内膜に浸透できません。
その為、ミトコンドリアに直接アプローチすることができません。

ミトコンドリアとは?

ミトコンドリアとは簡単に説明すると人間の全ての細胞のエネルギー工場です。
人間が動いたり、普段の生活をするのに使用するエネルギーはミトコンドリアが作っています。
体が老化するとミトコンドリアも同じく老化し、その老化は卵子や精子に繋がります。
卵子や精子が、受精するためには多くのエネルギーが必要となりミトコンドリア活性が重要となってきます。

ミトコンドリア活性は新しい妊活へのアプローチ

「卵子や精子の質」=「ミトコンドリアの質」といっても過言ではありません。
妊活中のサプリメント選びに迷われている女性には、ミトコンドリアを活性化させる成分を含んでいる妊活サプリメントをオススメします。なぜなら、ミトコンドリアの活性は体の活性に繋がるため、妊娠に効果的なだけでなく美容にも健康にもトータルで作用し若々しくなれるからです。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチへのバナーミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報や症例報告等の正確性・公平性には細心の注意を払っており、一度精査した上で公開させて頂いておりますが、効能や影響には個人差があり、全ての方に効能や影響を保証するものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。