2019年5月24日(金)  卵子対策

ベビ待ち・妊娠したい!早く妊娠したいを叶える方法とは?

妊娠を決定づけるのは、排卵される卵子の数と質が決め手であると言える。
卵子は、女性が生まれた時点で卵子の元の細胞の数が決まっており、年を重ねるごとに減少していくばかりであるため、いかに質を高めるかが重要である。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

年齢を重ねるごとに妊娠率が下がってしまう

20代、30代、40代での妊娠率などは、年齢によって妊娠率は変わってしまう。その理由としてはやはり、「卵子の質」、卵子の元気さが大きな問題であるだろう。
これは、男性の精子にも同様のことが言える。年齢を重ねるごとに、精子の運動率や質が落ちてしまうからだ。

主な原因

夜更かしなど生活が不規則になったりすることで、女性ホルモンや男性ホルモンが乱れてしまい、晩婚化によって加齢による要因もある。では、早く妊娠するためにはどうすべきか?

重要なのは卵子と精子の質

卵子と精子にはミトコンドリアという小器官がエネルギーの源となっている。ミトコンドリアの機能が弱まってしまうと、必然的に「卵子・精子の質が低下=“老化”」してしまう。卵子や精子が老化してしまうと、いくら治療やタイミングを取ったとしても、妊娠できない。
そのため、卵子と精子にあるミトコンドリアを活性化させることで、さらに妊娠率を高められるだろう。

より妊娠しやすくするために

妊娠しやすい時期は、排卵日の「2日前」「前日」「当日」「翌日」となる。
good timing
このタイミングを把握するために、下記の方法とともにタイミングを掴んで行っていく。また、病院であれば、エコーを使って卵胞の大きさを検査する方法もある。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス