2019年4月21日(日)  卵子対策

2人目不妊、3人目不妊を克服する方法とは?

一人目は授かったのに、二人目はなかなか妊娠できない。
二人目不妊を定義づけると「一人目の産後の母乳期間を終了してから、避妊をせずに夫婦生活を続けているにも関わらず2年以上妊娠に至れない状態」のことを指す。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

二人目不妊になる原因

・最初の出産時の出血や感染症などのトラブル
・育児や仕事のストレス
・もともと不妊原因があった

等、さまざまなことが考えられるが、最大の原因は「卵子の老化」にある。

卵子の老化

38歳を過ぎると、卵子の老化が急速に進み、なかなか妊娠できない状態になる。
また、卵子とともに子宮内膜の老化も始まり、内膜の血流も悪化し卵子が受精したとしても、子宮内膜で着床せず妊娠に至らないケースがある。

妊娠の鍵であるミトコンドリアとは

近年の研究によって、卵子の老化には「ミトコンドリア」との関連性が高いことがわかってきた。ミトコンドリアとは、細胞内に蓄積された糖質や脂質等の栄養素を分解してエネルギーを生み出す細胞内小器官である。

もともと卵子には、他の細胞より多くのミトコンドリアが存在することがわかっている。卵子の老化を遅らせるためには、ミトコンドリアを元気にすることが重要といえる。

ミトコンドリアを元気にする方法

ミトコンドリアを元気にするには、早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動といった規則正しい生活を送るのが効果的である。筋肉の中に多く存在するので、特に筋力トレーニングをコツコツと続けると良いだろう。

また、筋肉量を増やすことは冷え性の改善にもつながるので、卵巣の機能を維持するのにも役立って一石二鳥だ。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス