卵胞が育つ期間と卵巣年齢

原子卵胞の数

卵子の元となる"原子卵胞"といわれるものは、女性がまだ胎児のうちにすでにできている。
それ以降は、細胞分裂して数が増えることができないため、一度作られたあとは数が減っていくだけとなる。
つまり、年齢を重ねれば重ねるほど妊娠に結び付く卵子の数が減ってしまうのだ。

卵胞が育つ期間

一定年齢に達すると、この卵胞を刺激するホルモンが出はじめ、卵胞はだんだん成長・成熟して大きくなる。
いちばん元の原子卵胞からだんだん成熟して大きくなるのに、だいたい80日かかるといわれている。
そして中でも一番成熟した大きな卵胞「主席卵胞」の中の卵子が1個だけ、卵胞を突き破って卵巣の外に飛び出す。これが"排卵"だ。

卵巣年齢とは

女性は胎児の頃から、卵子の大もとになる「原始卵胞」を卵巣に保存している状態である。
さらに、一度減ってしまった卵胞は二度と増えることはない。
そして、年齢=その期間保存された卵子ということになるのである。35歳であれば35年経った卵子ということになる。
排卵しなかった卵子は卵巣の中で自然としぼむため、年を重ねるほど卵子の数は減っていくのである。

減り続ける原子卵胞への対策

年々減り続ける原子卵胞に関しては、残っている卵子の質を高めることが一番の対策になり得るだろう。
残っている卵子の数が少なくとも、ひとつひとつの質が高ければ、妊娠は十分に可能なのだ。

卵子の質をあげるには?

卵子の質を高めるのに重要なのは「ミトコンドリア」の存在である。
ミトコンドリアは体内に存在する物質で、ATPというエネルギーを出し、細胞の働きを活発にさせてくれる。
不足すると卵子を構成している細胞の働きが弱くなるので、老化が進み、妊娠しにくくなるのだ。

卵子の中にあるミトコンドリア

卵子の中には多くのミトコンドリアが存在しています。

「ミトコンドリア」が不足すると卵子の成長に必要なエネルギーが足りず、老化が進んでしまうので、自分で積極的に増やす努力することが大切です。

ミトコンドリアの若戻化ATPを活性化させ、質の良い卵子を育てることが重要です。

ミトコンドリアの若戻化ATPを活性化させるには

ミトコンドリアは、運動や空腹などで身体に負荷をかけると活発化する特性がある。
そのため、対策には適度な運動やファスティングなどの方法のほか、最近ではサプリメントで比較的手軽に対策することもできるため、取り組む夫婦が増えてきている。

卵子や精子の質が低下していると、いくら治療やタイミングを取ったとしても、妊娠は難しい。そうなると治療が長期化し、経済的な負担も大きなものになりかねない。
不妊治療について悩んでいる夫婦は、ぜひミトコンドリアの若戻化ATPの活性に取り組んでみてはいかがだろうか。

ミトコンドリアの若戻化ATPとは

ミトコンドリアの若戻化ATPを活性化することが大切

若戻化ATPはミトコンドリアが産生する細胞新生、
細胞分裂を促進するための若化エネルギーです。

細胞分裂、細胞新生にエネルギー産生