2018年12月10日(月)  卵子対策

症例の結果を詳しく見る

※個人の方から頂いた症例報告の内容であり、効能や影響を保証するものではありません。

抗糖化(糖質制限)と不妊症の関係性とは?

抗糖化

「抗酸化」という言葉はよく聞くと思いますが「抗糖化」という言葉はご存知でしょうか?

抗糖化(糖質制限)とは

抗糖化とは、人体の老化を進める原因物質と言われているAGEs(終末糖化産物)「タンパク質と糖が加熱された結果できた物質」の生成を抑制することを言います。

難しく考えず、「糖化=老化」と考えていただき、糖質制限をイメージしていただければわかりやすいと思います。
老化と聞くとお肌の老化(しみ・しわ)などが頭に浮かぶかもしれませんが、老化というのは何も体の外側だけではなく、内側も老化します。卵子や精子も例外ではありません。卵子や精子の老化が不妊症への影響があるという研究結果も発表されています。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

抗糖化(糖質制限)が卵子の老化を防ぐ

卵子や精子の老化の原因になるAGEs(終末糖化産物)の生成を抑えるためには抗糖化(糖質制限)に意識することが重要です。食事での糖質制限は野菜などの食物繊維をよく食べる食生活に変え、抗糖化(糖質制限)を意識した改善を始めるのが卵子や精子の老化防止に効果的です。

また、多数のハーブには抗糖化作用があることがわかっています。中でもオリーブの葉には抗糖化と抗酸化の作用があることが確認されており、血中の糖の取り込みを抑える作用があります。

抗糖化に抗酸化、卵子の老化対策の方法とは

上記でも説明したように卵子や精子の老化の原因に抗糖化をお伝えしたが、もちろん抗酸化も老化の原因になっている。抗糖化と抗酸化どちらも卵子や精子の老化に繋がる原因の為、抗糖化対策・抗酸化対策だけではなく、卵子や精子のエネルギーとなるミトコンドリアの活性化も合わせて対策していくことでいつまでも元気な卵子や精子を維持することができるので是非実践していただきたい。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチへのバナーミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報や症例報告等の正確性・公平性には細心の注意を払っており、一度精査した上で公開させて頂いておりますが、効能や影響には個人差があり、全ての方に効能や影響を保証するものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。