2018年10月17日(水)  流産 不育症

症例の結果を詳しく見る

※個人の方から頂いた症例報告の内容であり、効能や影響を保証するものではありません。

染色体異常で流産しないためには?

流産とは

「流産」とは、妊娠22週以前に、妊娠継続できなくなることを言う。
また、いくつか種類があり、呼び名もそれぞれに違うのだ。

「流産」が使われているものと、「妊娠が終わる危険性がある状態」という意味で使われているものがある。

流産の種類

・ 切迫流産
・ 稽留流産(けいりゅう)
・ 化学流産
・ 進行流産
・ 完全流産
・ 不全流産

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

流産の原因

大きく分けて、12週未満の流産を「早期流産」、12~22週未満の流産を「後期流産」と言う。

”あの時無理をしたから流産してしまったんだ・・・”と思いがちだが、実は流産の原因のほとんどが「染色体異常」によるものなのだ。

自然流産のうち、半数以上の胎児(受精卵)に染色体異常があると報告されている。

染色体異常による流産は、卵子が受精した瞬間に運命づけられる。また、この染色体異常の発生は妊婦の加齢により増加するといわれている。

卵子の老化

なぜ加齢により流産の確率が上がるのかと言うと、それは「卵子の老化」によるものなのだ。

卵子の老化とは、卵子の中にあるミトコンドリアの活動エネルギーが弱まっていることを指す。
ミトコンドリアの活動エネルギーが、卵子の老化と共に弱まっていく、これを「卵子の老化」と言うのだ。

妊娠に一番重要なのは卵子の質と言われている。
卵子の質=ミトコンドリアを活性化させることが、流産・染色体異常の改善に繋がる。

より妊娠しやすいカラダにするために

流産をできるだけ避けるために、より妊娠しやすくなるためにどうすべきか。

それは、日頃から妊娠しやすいカラダづくりを行うことだ。なぜなら、妊娠するためには、質の良い卵子が絶対的に必要になるからだ。

いざ排卵が始まった時に、その卵子の質が悪ければ妊娠率は下がってしまう。だからこそ、卵子の質を高めるために、規則正しい生活が欠かせない。

規則正しい生活・バランスのとれた食事

夜更かしや添加物だらけの食事、運動不足、喫煙、アルコール、ストレスが当たり前になっている人は、少しずつ生活を変えていこう。

寝る時間を一時間早めたり、自炊の回数を週に1、2回増やしたりするだけでも効果はある。

適度な運動

エネルギーを放出して卵子を活性化させてくれるミトコンドリアの数を増やすことも大切だ。ミトコンドリアも、やはり規則正しい生活によって作られる。

特に筋肉の中にミトコンドリアは多く存在するので、筋力トレーニングを日課にすると良いだろう。

その他にもストレスを抱え込まないようにするなども大切である。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報や症例報告等の正確性・公平性には細心の注意を払っており、一度精査した上で公開させて頂いておりますが、効能や影響には個人差があり、全ての方に効能や影響を保証するものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。