2019年4月21日(日)  男性不妊

男性不妊治療の成功率を上げるには?

男性不妊の原因は、そのほとんどが精子に関する問題であると言われている。
本来であれば、30代前半頃までの男性の精子は元気いっぱいのはずなのだが、現在の日本ではストレスや不規則な生活によって精巣の機能がダメージを受けるケースが多くみられる。

それにより、精子の数が少なかったり、運動量に問題があるなど、なかなか妊娠に至らないということに繋がる。そのため、不妊治療の成功率を上げるには、病院で治療を受けると同時に自分で精子力を上げる努力を行う必要もある。

▶︎“精子の活性と質の改善”で注目されている成分とは?

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

精子力をあげる方法

熱を避ける

まず、熱に弱い精子を守るため、膝の上にノートパソコンを置いて仕事をしたり、熱がこもりやすいブリーフを穿いたりするのはやめよう。

喫煙・飲酒を避ける

喫煙やアルコールも、精子の状態に影響するため、妊娠が成功するまでは控えたほうが無難である。

ミトコンドリアの活性化

いろいろな方法が考えられるが、ミトコンドリアに注目してみよう。ミトコンドリアは精巣機能を活性化させる力を持っている。

しかし、不規則な生活が続いたり、過剰にストレスがたまっていたりすると徐々にミトコンドリアの数は失われ、元気の良い精子を作るだけのエネルギーが出せなくなってしまう。

ミトコンドリアは、早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動によって活性化される。筋肉の中に多く存在するので、トレーニングをすると良いだろう。また、サプリメントなどで亜鉛やビタミンEを取り入れるのも効果的である。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス