2019年5月24日(金)  男性不妊

男性不妊を改善する食事習慣とは?

男性不妊の原因のほとんどは精子の問題である。これには毎日の食事も大きく関わっている。
1998年に日本不妊学会が発表した説によると、添加物や油分の多いコンビニ弁当やインスタント食品、ファーストフードばかり食べている男性の精子を調べた結果、実に60人中58人の精子に奇形がみられたというのだ。

逆に、きちんと栄養バランスのとれた食事をしている男性の精子は、数・運動量ともに問題がない場合が多い。そこで今回は、精子の元になる栄養素の種類や、上手な食事の取り方について調べてみた。

▶︎“精子の活性と質の改善”で注目されている成分とは?

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

精子の質をあげる栄養素

精子を作る元になったり、精子の状態を良くしたりするのに役立つ主な栄養素には、亜鉛・ビタミンE・アルギニン・たんぱく質などがある。

それぞれを含む食品を積極的に摂ることはもちろん、栄養バランスや飲み合わせの相性にも気を配ることで効果は最大幅に上昇する。

男性はお昼を外食やコンビニ弁当で済ませる人も多いと思うが、できれば安心して食べられる手作り弁当を持っていこう。
もちろん、朝食や夕食もできるだけ自炊を心がけ、肉・魚・野菜・果物をバランスよく取るようにしよう。

サプリメントの利用

食事から必要な栄養素を取ることが難しい時は、市販のサプリメントを利用するのも一つの方法だ。おすすめは、マカ・亜鉛・ビタミンE・高麗人参・山芋成分など。

錠剤を飲むだけなので手軽、調理の過程で失われがちな栄養素も効果的に吸収することができる。もちろん、この場合も栄養バランスに気を付けて組み合わせる工夫が必要である。

過剰摂取に注意

妊活に良い成分全てを効率よく摂取したいところではあるが、全てを満足に摂取することはなかなか大変だ。しかも、さまざまなサプリメントを多く摂ってしまうと、不必要な成分を余分に摂取することになったり、過剰摂取の不安もあるので注意しよう。
夫婦一緒に、日々の食生活・生活習慣を整え、ストレスを溜めないようにし、自分自身でも妊娠しやすい身体作りを心がけていくようにしよう。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス