2018年10月17日(水)  男性不妊

症例の結果を詳しく見る

※個人の方から頂いた症例報告の内容であり、効能や影響を保証するものではありません。

亜鉛不足による男性不妊の対策とは?

日本国内で男性不妊に悩む人が増えている。
一見、関係もないようだが、不規則な生活やストレスは生殖機能に大きく影響を与え、男性不妊の原因となる。

仕事や人間関係でストレスを抱え、飲酒・喫煙、夜更かし、運動不足などが当たり前になっている人ほど男性不妊の対象になる可能性が高い。

▶︎妊娠に必要な成分を効率よく摂る方法とは?

男性不妊の要因

そして、亜鉛不足も男性不妊の大きな原因のひとつである。

亜鉛は精子の中に大量に含まれており、アメリカでは「性交に効果のあるミネラル」ということで認知されている。不足すると精子の数や運動量が低下するので、男性は十分に摂っておきたい栄養素である。

亜鉛を多く含む食材

亜鉛を多く含む食材は、牡蠣、レバー、うなぎの肝、そら豆などであるが、体内への吸収率があまり良くないので、食べ物からのみ必要量を摂取するのは難しい。

手間を掛けずに摂取したい場合に手軽なのがサプリメントだ。

吸収率を高める工夫がされているので効果が高く、飲み始めて数ヶ月で精子の状態や精液の量に変化が現れるケースが少なくない。

また、食事と違いただ錠剤を飲むだけなので、忙しい男性でも無理なく続けられるというメリットもある。

サプリメントの摂取と生活習慣

サプリメントの摂取に加えて是非行ってほしいのが、規則正しい生活である。

仕事で残業や接待の多い人にはなかなか難しいことかもしれないが、夜は少しでも早く寝て、コンビニ弁当ではなく栄養バランスのとれた昼食を摂り、時間が空いたときにジョギングなどの軽い運動をするだけでも、体の調子は全然違ってくる。

体が健康的になれば、不妊が改善するだけではなく、様々な病気を遠ざけることにもつながる。こうした努力は決して無駄にはならない。

少しずつ始められることから取り組んでいってほしい。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

▼評価の高い関連記事

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報や症例報告等の正確性・公平性には細心の注意を払っており、一度精査した上で公開させて頂いておりますが、効能や影響には個人差があり、全ての方に効能や影響を保証するものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。