2019年6月26日(水)  男性不妊

男性不妊の亜鉛とマカの取り過ぎ注意

不妊に悩む男性に良いとされている亜鉛とマカ。
確かにそれなりの効果が期待できるようだが、何事も摂取し過ぎは体に良くないもの。当然、亜鉛とマカもあまり量を取り過ぎるとなんらかの弊害が出てくる。

▶︎“精子の活性と質の改善”で注目されている成分とは?

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

亜鉛の摂り過ぎ

まず、亜鉛の摂り過ぎについて説明しよう。

精子には亜鉛が大量に含まれており、アメリカでは「性交に効果のあるミネラル」ということで認知されているほど。1日に必要な量は約10~12㎎で、牡蠣、豚レバー、和牛もも肉、卵などを摂ると効率的に摂取できる。

しかし、あまり量を摂り過ぎると鉄と銅の欠乏症を招き、それが白血球の減少や免疫力の低下、貧血などにつながるから注意が必要である。

また、一度に多量に摂った場合は急性亜鉛中毒を起こし、下痢や吐き気をもよおすこともある。

マカの摂り過ぎ

次に、マカの摂り過ぎについての説明しよう。

マカは薬ではなく自然に生えてくる植物なので、一般的に摂り過ぎても副作用は起こらないとされている。しかし、目安の3倍以上の量を摂った人にホルモンバランスの乱れが起きたり、下痢になったりしたという報告もあるので注意してほしい。

また、サプリメントで摂る場合は品質の良いものを選ぶ必要がある。混ぜ物の多い粗悪品を飲み続けると、体になんらかの不調が起きてもおかしくないからだ。

他の栄養素も大切

そして、一番大切なことは、亜鉛やマカを単体で摂るのではなく、他の栄養素もうまく組み合わせることである。そうすれば、飲み過ぎも防げるし、栄養バランスが整って体調も良くなる。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス