2018年8月21日(火)  男性不妊

症例の結果を詳しく見る

※個人の方から頂いた症例報告の内容であり、効能や影響を保証するものではありません。

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

男性不妊の亜鉛とマカの取り過ぎ注意

不妊に悩む男性に良いとされている亜鉛とマカ。
確かにそれなりの効果が期待できるようだが、何事も摂取し過ぎは体に良くないもの。当然、亜鉛とマカもあまり量を取り過ぎるとなんらかの弊害が出てくる。

▶︎“精子の活性と質の改善”で注目されている成分とは?

亜鉛の摂り過ぎ

まず、亜鉛の摂り過ぎについて説明しよう。

精子には亜鉛が大量に含まれており、アメリカでは「性交に効果のあるミネラル」ということで認知されているほど。1日に必要な量は約10~12㎎で、牡蠣、豚レバー、和牛もも肉、卵などを摂ると効率的に摂取できる。

しかし、あまり量を摂り過ぎると鉄と銅の欠乏症を招き、それが白血球の減少や免疫力の低下、貧血などにつながるから注意が必要である。

また、一度に多量に摂った場合は急性亜鉛中毒を起こし、下痢や吐き気をもよおすこともある。

マカの摂り過ぎ

次に、マカの摂り過ぎについての説明しよう。

マカは薬ではなく自然に生えてくる植物なので、一般的に摂り過ぎても副作用は起こらないとされている。しかし、目安の3倍以上の量を摂った人にホルモンバランスの乱れが起きたり、下痢になったりしたという報告もあるので注意してほしい。

また、サプリメントで摂る場合は品質の良いものを選ぶ必要がある。混ぜ物の多い粗悪品を飲み続けると、体になんらかの不調が起きてもおかしくないからだ。

他の栄養素も大切

そして、一番大切なことは、亜鉛やマカを単体で摂るのではなく、他の栄養素もうまく組み合わせることである。そうすれば、飲み過ぎも防げるし、栄養バランスが整って体調も良くなる。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 男性不妊の基本的な検査、精子検査(精液検査)とは?男性不妊の基本的な検査、精子検査(精液検査)とは? 男性不妊の原因は精子の量や質による原因が考えられます。 原因を詳しく知るには精液検査(精子検査)が基本的な検査となります。 男性不妊の原因とは 大きく分けると男性不 […]
  • 無精子検査の基礎知識とは?無精子検査の基礎知識とは? 不妊原因の半分は男性側にあると言われている。男性側の問題が疑われた場合、まず無精子検査が行われることが多い。 ▶︎“精子の活性と質の改善”で注目されている成分とは? 無精 […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報や症例報告等の正確性・公平性には細心の注意を払っており、一度精査した上で公開させて頂いておりますが、効能や影響には個人差があり、全ての方に効能や影響を保証するものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。