2019年4月21日(日)  体外受精

体外受精の成功率を高める卵子力とは?

体外受精を成功させるには、卵子にそれだけの力が残っていることが重要だ。
しかし、卵子は加齢やストレス、冷えなどによって自覚症状が何もないまま衰えていくので、子供を作ろうと決めてから初めて卵子の老化に気付くケースも多い。

それでは、卵子力が弱い女性は、体外受精によって子供を持つことをあきらめねばならないのだろうか?
答は「NO」だ。卵子は数を増やすことこそできないが、その質を高めることは十分に可能である。有効な手立てについて説明するので、是非参考にしてみてほしい。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

質を高める有効な手立て

冷え症

冷え性も卵子の老化を早める要因となる。体が冷えると血流が悪くなるので、卵子の成長に必要な酸素や栄養素などの補給が滞るのだ。

意識して温かい飲み物を取ったり、一日の終わりにゆっくりと湯船に浸かって芯から体を温めたりするなどの工夫で、卵巣を冷えから守ろう。

卵子の質

卵子の状態には、ミトコンドリアの存在が深く関わっている。
これはもともと人間の体内に存在している細胞器官で、ATPと呼ばれるエネルギーを放出して細胞を活性化させる役目を担っているのだが、残念ながら、不規則な生活や加齢によってだんだん数が減ってしまう。

そのため、卵子を成熟卵へと成長させるだけのエネルギーが足りず、老化が進んでしまうのだ。
ミトコンドリアを増やすには、早寝早起きや栄養バランスのとれた食事など、体をいたわるような生活を送ることが大切である。

また、体を動かせば動かすほど「エネルギーが足りない」と認識して数が増えるので、生活の中に適度な運動を取り入れよう。ミトコンドリアは筋肉の中に多く存在するので、筋力トレーニングを中心に行うと効果的だ。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス