2019年4月21日(日)  高齢出産

高齢出産リスクを下げる卵子老化対策とは?

女性の卵子は、年齢とともにどんどん老化していく。たとえ本人がどれだけ若く見えても、卵子の年齢=実年齢であることに変わりはないのだ。
もちろん、老化のスピードには個人差があるので、一概に20代だからまだ若い、40を過ぎているから老化が進んでいるとは言い切れない。
しかし、年齢が高くなればなるほどその傾向が強くなるのは事実。妊娠するためには早い段階から計画をたてたい。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

卵子の老化を防ぐには?

方法はいろいろあるが、まずはミトコンドリアの摂取から始めてみると良いだろう。
ミトコンドリアは体内の細胞に働きかけ、ATPと呼ばれるエネルギーを作り出して活性化を促す。不足すると必要なエネルギー量が減ってしまうので、卵子の機能維持が難しくなるのだ。また、傷ついてしまった卵母細胞(卵子の元になるもの)を修復することができないので、成熟卵が作られにくくなる。

ミトコンドリアを増やす

ミトコンドリアの数を増やすには、早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動などの規則正しい生活を送ることが一番だ。
特に、ミトコンドリアは筋肉の中に多く含まれるので適度な運動を日課にしていくと良いだろう。

その他の対策としては、卵巣の機能低下を防ぐため体を冷やさず、ストレスは溜めずに発散すること。
ストレスは活性酸素を発生させて細胞をサビつかせてしまうのだ。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス