2019年7月20日(土)  高齢出産

高齢出産はダウン症の確率がどのくらい高い?

日本では出産時に35歳以上となる場合、高齢出産となる。近年では高齢出産の割合が増加しており、およそ5人に1人が高齢出産と言われている。

35歳以上と定義される理由は、卵巣機能の低下により、卵子の質が下がってしまうことにある。排卵したとしても、早産や流産する可能性が高くなるのだ。さらに、問題とされるのが染色体異常の赤ちゃんが生まれてくる可能性が高くなる。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

女性の年齢とダウン症の確率

染色体が1本多いダウン症候群は、加齢と共に確率が増加し、30歳では1/700だが、35歳では1/300と増し、40歳では1/80になると言われている。
35歳以上の初産は特に注意が必要だ。

質の高い卵子を育てることが高齢出産に向けた準備

卵子の質に関して諸説あるが、卵子そのものを良くするのではなく卵子の元となる細胞(ミトコンドリア)へ働きかけ良い卵子を育てることだ。
貴重な排卵を無駄にしないためにも、質の良い卵子を育てることが大切になる。
また、高齢出産特有のリスクを回避することが可能なのだ。
では、そのミトコンドリアへ働きかけるにはどうすべきか。

ミトコンドリアの活性化

適度な運動

エネルギーを放出して卵子を活性化させてくれるミトコンドリアの数を増やすことは大切だ。ミトコンドリアは、規則正しい生活によって作られる。
特に筋肉の中にミトコンドリアは多く存在するので、適度な運動を日課にすると良いだろう。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス