2019年7月20日(土)  不妊治療アドバイス

肉体面ではイースタティックミネラルが、そして精神面では日々の瞑想が自分を前向きにしてくれました。

2016年9月11日 / 高知県A・0様のイースタティックミネラル 症例報告

不妊治療について

年齢 妻:40歳
夫:41歳
不妊治療の期間は? 3年
不妊治療にかかった費用は? 約70万円
不妊治療で使用したお薬は? クロミッド、セキソビット、ゴナールF、HCG注射
不妊治療の内容は? タイミング法3年、人工授精3回

子作りを始めたタイミングや不妊治療に至るまでの経緯をお教えください。

34歳で結婚、結婚当初は夫婦二人の時間を大切にしたいという想いもあり、実際に子づくりを始めたのは36歳の時でした。1年たってもなかなか授からず。不妊治療を始めたのは37歳を迎える一ヶ月前でした。

サプリメントを飲もうと思ったきっかけは何でしょうか?

不妊治療がもうすぐ4年目にさしかかろうとした時に、不妊治療仲間で相談相手の会社の同僚から勧められました。同僚はまだ妊娠に至っていませんが、イースタティックミネラルを飲んで2ヶ月目の採卵で卵の質が変わったそうで、良い卵子が採卵できたそうです。

子作りをするために何に気をつけていましたか?

とにかくお腹が冷えないように腹巻きをしていました。

妊娠はいつ頃分かったのでしょうか?その際、妊娠の兆候は感じましたか?

予定日を過ぎても基礎体温が高温を保っていたことと、生理予定日に突然の吐き気、アレルギーでも無いのに突然の鼻水やくしゃみが止まらなくなったこと。おかしいと思い、生理予定日より5日過ぎた頃、妊娠検査薬を使ってうっすら陽性反応が出ました。

不妊症を克服したいと頑張っている人へメッセージをお願いします。

毎回生理が来る度に落ち込み、先が見えない治療に加え、女性として何度も落ち込むことがありました。わかってはいるけれども不妊である自分をなかなか受け入れられない現実にもウンザリする日々。
そんな中、イースタティックミネラルに出会い、最後の砦と信じて飲み続けました。肉体面ではイースタティックミネラルが、そして精神面では日々の瞑想が自分を前向きにしてくれました。そして腸内洗浄も大きな決め手になったと思います。不妊治療と向き合っていくには、自分の心としっかり向き合うことが大切だと思います。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス